【株】今知っておきたい、株式のお話

こんにちは、三冬月と申します。

突然ですが、皆さんは投資などはしておりますか?
ちょっと前から老後のお金が足りないとか、NISA制度や確定拠出年金制度などによって数年前からいろいろ増えていきましたし、
この記事を書いている数日前では、新型コロナウィルスの影響からか株式の金額が非常に下がっている状態となっています。
そのため今回は、株式についてちょっとでもわかると違うのかな?と思い、書いてみることにしました。

 

まず、株式って聞きますけど、何ですか?という事もあると思います。
株式はその会社が資金を調達をするために発行する券となり、その券を持っている人が株主となるわけです。
簡単に言うと、会社の運営などのためにお金を出してもらい、その代わりに株券を渡して株主になってもらうわけです。

そのお金で会社を運営するので、いろんなところにお金を出したり、資金の余裕が出来るなどのメリットが会社に出てきます。
では、株券を持っている側、つまりは株主にとってのメリットは何かの問題ですね。
(メリットが無いと、株券を買ってくれる人はいませんからね….。)

株主が出来ることとしては、以下の内容になります。

①会社の運営について参加できる
②会社の利益について分配を受ける
③会社が解散した時に財産の分配を受ける

この3つがありますが、ただ長く持っていたいという方なら大体考えるのは②の配当金ですよね。
①については株券を持っている数が大きい人が多く権利を持っていますし、③は解散するときの時期もわからなければ破産とかなら1円も入ってこないのは分かりますからね。

株券を購入してみたいという方はどうすればいいのでしょうか。
一般的な上場企業の株券なら証券会社を通じて購入できます。

※こちらの図は株券を購入するときの流れで、お金は青の矢印、株券はベージュの矢印ですが、株券を管理するのは証券会社となることが多いため、手元には大体ないですね。

株券を購入したら、配当金を受け取れる権利を得るわけです。
ただ気を付けていただきたいのが、必ず配当金が出るという事ではないという事です。
どういう事かといいますと、収支の結果赤字になっている会社や、まだ安定していないなどの理由がある会社もありますので、無配当の会社もあるんですね。
もし購入するときは、このあたりも含めて考えたり、配当金額なども含め検討しないといけないという事があります。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は、株って何?というところと、株主のメリットについて書いてみました。
私も出来るだけわかりやすく書いているつもりだったり、間違えないように書いているつもりですが、何かございましたらご教授いただければと思っています。
なお、当ブログを見ていただいて損失などがあった場合でも一切の責任を負いませんので、よろしくお願いいたします。

また、株の事やお金のことについても書いていけたらと思っています。
これからもぜひよろしくお願いいたします。

【写真】犬吠埼に行って、写真を撮ってきました!

はい、三冬月と申します。

皆さんはどんなところに行きたいとかありますか?
私自身、京都や奈良などの神社仏閣から、雪まつりのようなお祭りのような、いろんなところに行きたいというのはありまして、
なるべく近場から行っていたりするのですが、今日は1か月前に犬吠埼に行ってきましたので、そのご紹介となります。

 

私は電車で犬吠埼まで行ったのですが、犬吠埼には銚子電鉄を使うのが良さそうなので使用しました。

2両編成で中はレトロな雰囲気が1両と普通のような雰囲気が1両と違う感じでしたね。

 

銚子から犬吠までは片道350円なので、私は1日乗車券を購入しました。

金額は700円なので往復すると同じ金額ですし、途中で寄りたいところが出来た場合には1日乗車券の方が安いのでそちらにしました。

 

犬吠駅に着いて、電車を見送り、犬吠埼に向かいます。

 

犬吠埼の途中でも海が見られるので、いろいろと写真を撮りました。

(風で波がちょっと強めだったり、逆光で周りが暗くなっている感じなどいい写真を撮ることが出来ました!)

 

そして犬吠埼に到着です!

下から見るとすごく大きいですね。
中に入れるので入って上に行きます。

(中はこんな感じでちょっと狭いです。
 あと、写真ではかなり明るくしていますので、実際は非常に暗いので上に上がるときにはお気を付けください

 

そして上に到着です。

波の感じだったり、地平線の部分の色の違いだったり、あえてかなり逆光をさせて撮ってみたり(もしかしたらカメラに負担があるかもしれません)、
非常にいい写真が撮れたと個人的には思っています。

 

あと下に降りてからもいい写真が撮れますね。

陸と海と空の一体になっている感じから、灯台が日で注目させる?ような感じまで私個人的には満足のいく写真が撮れたと思います。
私自身がかかった時間としては、隣に見学する場所もあって、そこを含めて大体1時間程度ですね。
結構な高さから海を写真で撮ることが無かったのでいい経験をさせていただきました。

 

あと気を付けないといけないこととしては、銚子電鉄のダイヤですね。
1時間に1本が基本のため、乗り遅れますと1時間待つことになりますので、帰るときなど時間を確認されながら言ったほうが良いと思います。

 

いかがだったでしょうか。
上から見る海とか地平線、1度は行ってみたいと考えていましたので、本当に満足しております。
興味がある人は是非行ってみるといいと思います。

また機会がありましたら、いろんなところに行って紹介できればと思っています。
それではまた次回宜しくお願いいたします。

【お金】知らないで使用すると怖い リボ払いについて

はい、三冬月と申します。
こちらのページに移すことにいたしました。

このページでは私が知っているお金に関することや商品紹介、写真などの投稿をしていきたいと考えております。
今まで他のページで見ていた方は、改めてお付き合いいただきまして、新しい方はこれから是非よろしくお願いいたします。

早速ではありますが、皆さんキャッシュレス決済などを行っていますか?
私は結構便利だと思って、結構前から行っています。
その支払方法ですが、一回~分割、リボ払いいろいろありますけど、皆さんはどのような支払方法にしてますか。
私は基本的に一回払いにしておりますが、今回は「知らないと怖い、リボ払いについて紹介したいと思います

 

【リボ払い】
リボ払いはリボルビング払いを略したものです。
どういうものかというと、分割払いは例えば合計100,000円だとしたら、払う回数を決めて、合計で100,000円というようなものになります。
リボ払いは、例えば10,000円と決めたら、支払いが終わるまで10,000円を払い続ける方法です。

 

【リボ払いのメリット】

私が考えるリボ払いのメリットは毎月の出金額を考えやすい点です。

この表は、支払いは10,000円、年率12%(月1%計算)で行った場合上記のような表になります。
今は100,000円を払うのは難しいですけど、毎月10,000円のように決まった額なら支払可能のような場合、考えやすい支払いが出来るメリットがあります。

 

この表は毎月30,000円の支払いですが、たまに超える場合があり、その超えた時には次の時に払うようにしたいという場合です。

このような場合ですと、毎月の入出金の管理が一定でやりやすくなる場合があるので、こういう場合には支払方法として便利であると思います。

 

【リボ払いのデメリット】

入金額が低く設定していると起こりやすいですが、毎月の支払額が手数料しか払っていない状態になってしまう可能性が出てきてしまうようになってしまうことがあります。

上の表では支払金額を5,000円、すでに400,000円支払い残高がある状態で、年率12%(月1%計算)で行った場合となります。

見ていただければわかると思いますが、5,000円支払っていても残高にあてられているのは、わずか1,000円程度でほとんどは手数料にあてられているのがわかります。
こうなってしまうと永遠に払い続けることになってしまうことになるので、こうなるような使い方はお勧めできませんので、その場合は一回払いに変更していただいた方がいいと思います。

 

今回はリボ払いについて記載してみましたが、いかがだったでしょうか。
個人的にはメリットもありますが、デメリットの方が大きい場合が考えられるケースが多いようなイメージがあるので、もしリボ払いで支払っているという方は一度残高や状態を考えていただけると幸いだと思います。

また次回お会いできるように頑張っていきますので、今後もよろしくお願いいたします!