【お金】相続について

こんばんは、三冬月です。

あと数日で4月になりますね。
会社や学校では新入社員や新入生など、いろいろと出会いがやってくる時期かと思います。
反対に退職や卒業、お別れなども経験していくと思います。
今回はお別れの中でも、人が亡くなってしまった場合の相続についてお話していきたいと思います。

 

相続については、亡くなった方を被相続人という言い方をしたりします。
その亡くなった方が決めている(遺言)場合は、それが優先されますが、それが無かった場合法定相続というものがあります。
遺言についてはなんとなくお分かり頂けると思いますが、亡くなった方の決めた相続分で解決する方法ですね
でも法定相続というのは、あまりなじみが無いため、簡単な例を用いてみていきたいと思います。

この表はAさんの関係図を表したものとなります。
夫と子供がいて、父母・兄妹という形で設定させていただきました。

まず配偶者、つまり夫ですけど、この方は相続人となります
続いて、相続関係については下記の状態となります。

第一順位:子供
第二順位:父母
第三順位:兄弟

この相続順位というのは何かといいますと、第一順位の子供がいて相続した場合は第二順位である父母には受け取る相続はないという事になります。

今回のこの図で言いますと、夫と子供でAさんの相続を分けることとなります。

もし仮に子供がいなかった場合は、夫と父母で相続を分けることとなり、父母もいない場合は夫と兄妹で分けることとなります。
文字で書いてあっても正直分かりにくいので、表を作ってみました。

◆第一順位が相続した場合

夫と第一順位の子供が相続する場合となります。
この場合は、夫に1/2、子供は残り1/2を分けることとなります。
つまり2人いた場合は、子供1人あたりは1/4となります。

 

◆第二順位が相続した場合

次に夫と第二順位の父母が相続する場合となります。
この場合は夫に2/3、残り1/3を父母で分けます。

 

◆第三順位が相続した場合

最後に第三順位の兄妹が相続する場合ですね。
この場合は夫に3/4、残り1/4を兄妹で分けることとなります。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は相続、それも法定相続に絞って書いてみました。
配偶者(今回の場合は夫)が必ず法定相続人の権利があり、あとは順位通りに権利が与えられるという状態となります。
相続に関して色々とあると思いますので、難しいですよね。
あと亡くなった方の相続についてですが、プラスとなる相続とマイナスになる相続があると思います。
つまり相続を行う場合は、借金なども相続するという事ですね。
もし借金などが多く相続をしたくない場合は相続放棄を行うほうが良いことも考えたほうが良いと思います。

それでは今回はここまでとなります。
また次回もよろしくお願いいたします。

【携帯電話】楽天モバイル スーパーホーダイとUM-LIMIT

こんばんは、三冬月です。

昨日3月20日は春分の日でしたけれども、春が来たような天気と気温で過ごしやすかった日だと思います。
そして来月になると新社会人や入学式などもありますし、携帯電話の契約を考えている方も多いのではないでしょうか。
今回は私が使っている楽天モバイルのスーパーホーダイのプランと、Rakuten UM-LIMITを私が見てメリットと思うこと、気になる点をお伝えしたいと思います。

 

楽天モバイルですが、これを書いている段階では契約できるプランが3つあります。

①スーパーホーダイ
②組み合わせプラン
③UM-LIMIT

①スーパーホーダイですけど、メリットとしては下記の3つがあると思います。
・価格が2980円~
・専用アプリで10分間まで通話料無料
・低速でも1Mbps(2時間のみ300kbps)

私自身は、ほとんど低速なので1Mbpsで使っているのですが、普通に使うことが出来ているな~というのが印象で、すごく遅いな~と感じることは少なく思います。
確かに回線の状況なのかどうかは分からないのですが、少し遅いときがありますけど、コストパフォーマンスを考えた時にはいい回線だと思っています。
この場合は回線業者がdocomo、サービス提供を楽天が行っている状況となります。
たまに電話も使いますが、専用のアプリを使いますが、普通に使えていますので安く使わせてもらっている印象があります。

②組み合わせプランは、docomo回線かau回線かを選んで使用することが出来るプランです。
データのみのsimとかを選択できますけど、今回は割愛させていただきます。

③UM-LIMITですけど、使ったことが無いためインターネット上で調べた感じからするメリット・気になる点は下記になります。
・使い放題
・提供地域
・1年間無料

価格はスーパーホーダイと一緒の2980円で、1年間この金額が無料になる状態となります。
ここについては試してみることが出来るため、メリットになる部分といえます。

私が気になっているのは使い放題と提供地域というところになります。
この使い放題、楽天回線エリアの場所のみとなっていて、パートナーエリアのau回線で使用できるのは2GBまでで、
それを超えると128kbpsの低速で使用するか、1GB500円の追加料金を支払うかになります。
ここで考えないといけないのは提供エリアですよね。
提供エリアは一部地域も含み、東京・埼玉・神奈川・千葉・愛知・京都・大阪・兵庫に限られます。
自分がその地域がほとんどで…という場合にはメリットになりそうですが、現時点ではパートナーエリアで使うことも視野に入れると難しい可能性も出てくる可能性があるような気がします。
そのためにもしかしたら1年間無料という事をしているのかもしれませんね。

 

さていかがだったでしょうか。
今回は楽天モバイルのプランについて、書いてみました。
私個人的な部分ではありますが、提供地域拡大されるまではUM-LIMITは様子見したいと考えています。
もし検討されるのであれば、4月7日までにされることをお勧めします。
というのも、4月7日まではスーパーホーダイの新規受付をしているみたいなので、今後どうなるのかを確認したうえで検討いただくといいと思います。
今回はここまでとなります。
また次回もよろしくお願いいたします。

【株】株式投資のメリット、デメリットとは

こんにちは、三冬月と申します。

皆さんは株式投資を行っていますでしょうか。
ここ数年では確定拠出年金制度(年金の運用みたいなもの)や、年金では足りないとか言われ投資を考える機会が増えていたりもします。
ただコロナウィルスの影響からか、ここ最近の株価が急激に落ちたりすることが多い状況にあったりもします。
そんな株についてのメリット、デメリットについて記載してみたいと思います。

 

株式についてメリット・デメリットなど思いつく限り記載してみました。

①配当金・株主優待が出る場合がある

②株価の値動き(価格の変動)

③上場廃止などの対応があること

結構時間を費やしてみたものの、大きく分けると3つでしたね。
順番に見ていきたいと思います。

 

①配当金・株主優待が出る場合がある

株主となっていますと、会社の利益から配当金や株主優待など、待遇を受けることがあります。
会社によって金額も優待なども変わってくるので、メリットも人によって変わってくると思います。
長期投資を考えている場合、選ぶところの一つにもなってくると思います。
例えば、配当金の考える一つの目安として、配当利回りというのがあります。
10万円投資して、年2000円を貰えるのと、20万円投資して、年5000円貰えるのである場合は、ごちらの方がいいでしょうか?
計算をしてみると、10万円の場合2%が配当金として貰える計算ですが、20万円の場合2.5%が配当金として貰える計算となります。
そのため、20万円に投資した方がいいとなりますが、この2%・2.5%の率を配当利回りといいます。
その他、クオカードやそのお店で使えるクーポン券、食べ物やギフト等が株主優待としてある会社もあります。
長期にわたった投資をする場合、購入する前に見ておきたいところだと思います。

 

②株価の値動き(価格の変動)

株価は買いたいという人と、売りたいという人の売買で変わってくるものとなります。
例えば会社が業績が上向きなら株価が上がりやすいですし、業績が落ちていたりすると下がりやすい傾向になります。
「え?業績が上がっているのに、株価が下がることあるの?」と思われるかもしれませんけど、下がる場合もあります。
最近で言いますと新型コロナウィルスを例に挙げてみたいと思います。
例えば業績だけで言いますと、今上向きだとします。
でも「新型コロナウィルスがいつまで続くかわからない…」「この株を売って利益や損失を終わらせたい」など、人の考えもまちまちというところはありますが、それも含めて人も売買によって価格が変わるものなので、難しいところです。
ただこの株価の値動きによってメリット・デメリットがあるのは事実ではあると思います。
10万円で買った株を20万円で売れましたら利益が出て、逆に10万円で買った株を5万円で売れたら損失が出ているので、この変動についてはメリットもデメリットもあることを頭に入れておかないといけないですね。

 

③上場廃止などの対応があること

会社を倒産や解散をさせるためや、他の会社と合併などの理由で廃止などの対応が可能性としてあります。
倒産や解散の場合、投資していた金額が無くなってしまうことがあります。
そのため会社の運営がうまくいっていない会社に投資するとこのリスクが高まるので注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。
投資をするうえで一番考えてしまうのがやっぱり②価格変動の部分ですよね。
それを十分考え、自分の生活を圧迫しない程度に投資はしないと生活が出来なくなるなどのリスクも含んでくると思いますので、
もし投資をする場合もあらかじめいろんなことを考えてから行うほうが良いと思います。

また、私も出来るだけわかりやすく書いているつもりだったり、間違えないように書いているつもりですが、何かございましたらご教授いただければと思っています。
なお、当ブログを見ていただいて損失などがあった場合でも一切の責任を負いませんので、よろしくお願いいたします。

また、株の事やお金のことについても書いていけたらと思っています。
これからもぜひよろしくお願いいたします。

【NISA】今知っておきたい、NISAについて

こんばんは、三冬月と申します。

皆さんは投資とかやっておりますでしょうか。
投資といってもいろいろあって、株式だったり投資信託、不動産など種類も多くあったりします。
その中でも今回は、株式や投資信託で使うことが出来る、NISA制度についてご紹介となります。

 

NISA制度とは、少額投資非課税制度というもので、毎年一定の金額の中なら売却益や配当金などについて課税されないものとなります。

売却益というのは、例えば10万円で株を購入したとします。
それを20万円で売ることが出来た場合、20万円から元の10万円を引いた10万円が売却をした利益、つまり売却益となります。
そのためこの10万円について20.315%、つまり20,315円を税金として納める必要が出てきます。
結構大きいですよね…。

つぎに配当金ですけど、株などを持っていた場合に会社から配当金が出る場合があります。
この場合には元の金額が無いため、配当金10,000円だとしたら、この10,000円に税金が引かれることになります。
つまりNISAとは、配当金や売却して得た利益について、税金がかからなくなるのが最大の特徴になります。

 

NISAといっても種類はありますが、今回はNISAとつみたてNISAについてお伝えいたします。

ISAについては1年間に120万円までが非課税となり、期間は5年間となります。
1年間に120万円までが対象となりますが、その年に使用しなかった金額については繰越できないため、例えば1年間100万円を使用したとしても、次の年に20万円足されて140万円という事にはなりません。
5年過ぎた場合は課税口座(通常の口座)に移すか、5年間を延長するロールオーバーを使用することとなります。
但し、ロールオーバーを使用した場合は、120万円からロールオーバーをした金額を差し引いた金額が新たにNISAで非課税が出来る金額となります。
下記の表の場合、75万円をロールオーバーしている表となりますが、この場合は120万円から75万円を差し引いた45万円がその年に新たに使うことが出来る非課税の枠となります。

続いて、つみたてNISAですが、こちらは1年間に40万円と、通常のNISAに比べると少ないですが、期間は20年間となります。
そのためその年に少なく、長い期間を投資される方がこちらになるのかなと思います。
なお、通常のNISAとの併用はできません

 

そのほか注意が必要な点としては、5年を過ぎた場合に通常口座かロールオーバーで延長するかを選ぶ必要がありますが、この場合の金額はその年の最終時価となります。
例として言いますと、NISAで100万円購入したとします。
5年後の最後の日の金額が90万円だったとした場合、この金額がもととなります。
つまり、ロールオーバーで延長した場合は、120万円から90万円を差し引いた30万円が新たに使う事の出来る枠となります。
一般の口座に移す場合は、売った時の金額が120万円だったら、120万円から90万円を引いた30万円が売却益となるため、その金額に税金がかかることとなります。

 

いかがだったでしょうか。
今回はNISAについて書かせていただきました。
売却などで利益を得るというよりは、長期投資で配当金などを受け取ることを考えている方についてメリットがある制度だと思いますので、長期投資を考えている方は一度検討してもいいと思います。
私も出来るだけわかりやすく書いているつもりだったり、間違えないように書いているつもりですが、何かございましたらご教授いただければと思っています。
なお、当ブログを見ていただいて損失などがあった場合でも一切の責任を負いませんので、よろしくお願いいたします。
また次回、このようなお金のお話とかできたらと考えております。

【カメラ】Nikon D750について

こんばんは、三冬月と申します。

皆さんはカメラとか使っていますか?
コンパクトデジタルカメラや一眼レフ、最近ではミラーレスのカメラがより良くになってきましたし、数年前に比べてスマホのカメラも非常によくなったと思っています。
その中でも私は一眼レフの、NikonD750という型番のカメラを使用して撮影しに行ったりしています。
先日写真を撮りました犬吠埼にも、このカメラを持って行きました。
今回はそのD750のカメラについて紹介したいと思います。

 

 

まず、D750のカメラは

こちらになるのですが、私が考えるこのカメラのいいところは、

①重さが適度であること
②フォーカスが早いこと
③モニターが角度調整が出来ること

と思っています。

 

まず適度な重さという事についてですが、本体とバッテリーの重さは840gにレンズの重さが加わる状態となります。
例えば私が購入した時一緒になっていたレンズ、24-120mmのもの(一緒に写っているレンズです)は710gなので、1550gとなります。
レンズは軽いものから重いものまでありますが、私が使っているのは大体このくらいの重さを使っているのですが、適度な重さと感じるので、非常に使いやすく感じます。
あとは電車の移動が多いので、これとレンズをもう一本持って行く感じで出かけることが多いです。

 

続いてフォーカスについてですね。
フォーカスってなに?と思われる方もいらっしゃると思いますが、そこに焦点(ピント)をあわせることですね。
レンズによって変わってくるのですが、焦点が合うのがが結構早いので、いい瞬間を取りやすくなります。

 

最後にモニターの角度を調整できることについてですね。

こちらのようにモニターを上向きにしたり、

下向きにしたりすることが出来ます。

すぐに写真が見つからなかったので、載せることが出来なかったのですが、モニターを上向きにして鳩を同じ位置からのアングルで撮ったり、
人が多いところではモニターを下向きにして腕の分だけ高さを上げる…とか行って写真を撮ったこともありました。
そういった工夫して撮ることが出来る写真も出来るのが、こちらの機種のいいところではないかと思います。

 

私の場合は③モニターの角度がつけられることが購入を決定しましたね。
これによっていろんな撮り方が出来るのではないかな~と思ってこの機種にしました。
モニターについては使う頻度はどんどん減ってきましたが、写真の綺麗さや使いやすさ(これは慣れかも?)を考えても購入してよかったと考えています。
最近ではD780という機種も出てきて、ちょっと見てみたら4Kの動画や、機能が増えていていましたが、D750を持っている私だとD780も購入とはならなそうです。
(D750で十分に良いので、費用対効果を考えるとこのまま使い続けたほうがいいという感じです)
もし購入を検討している方は、参考になったなら幸いだと思います。

また次回、何かレビューなどありましたら更新いたします。
最後まで見ていただきまして、ありがとうございました。