【NISA】今知っておきたい、NISAについて

こんばんは、三冬月と申します。

皆さんは投資とかやっておりますでしょうか。
投資といってもいろいろあって、株式だったり投資信託、不動産など種類も多くあったりします。
その中でも今回は、株式や投資信託で使うことが出来る、NISA制度についてご紹介となります。

 

NISA制度とは、少額投資非課税制度というもので、毎年一定の金額の中なら売却益や配当金などについて課税されないものとなります。

売却益というのは、例えば10万円で株を購入したとします。
それを20万円で売ることが出来た場合、20万円から元の10万円を引いた10万円が売却をした利益、つまり売却益となります。
そのためこの10万円について20.315%、つまり20,315円を税金として納める必要が出てきます。
結構大きいですよね…。

つぎに配当金ですけど、株などを持っていた場合に会社から配当金が出る場合があります。
この場合には元の金額が無いため、配当金10,000円だとしたら、この10,000円に税金が引かれることになります。
つまりNISAとは、配当金や売却して得た利益について、税金がかからなくなるのが最大の特徴になります。

 

NISAといっても種類はありますが、今回はNISAとつみたてNISAについてお伝えいたします。

ISAについては1年間に120万円までが非課税となり、期間は5年間となります。
1年間に120万円までが対象となりますが、その年に使用しなかった金額については繰越できないため、例えば1年間100万円を使用したとしても、次の年に20万円足されて140万円という事にはなりません。
5年過ぎた場合は課税口座(通常の口座)に移すか、5年間を延長するロールオーバーを使用することとなります。
但し、ロールオーバーを使用した場合は、120万円からロールオーバーをした金額を差し引いた金額が新たにNISAで非課税が出来る金額となります。
下記の表の場合、75万円をロールオーバーしている表となりますが、この場合は120万円から75万円を差し引いた45万円がその年に新たに使うことが出来る非課税の枠となります。

続いて、つみたてNISAですが、こちらは1年間に40万円と、通常のNISAに比べると少ないですが、期間は20年間となります。
そのためその年に少なく、長い期間を投資される方がこちらになるのかなと思います。
なお、通常のNISAとの併用はできません

 

そのほか注意が必要な点としては、5年を過ぎた場合に通常口座かロールオーバーで延長するかを選ぶ必要がありますが、この場合の金額はその年の最終時価となります。
例として言いますと、NISAで100万円購入したとします。
5年後の最後の日の金額が90万円だったとした場合、この金額がもととなります。
つまり、ロールオーバーで延長した場合は、120万円から90万円を差し引いた30万円が新たに使う事の出来る枠となります。
一般の口座に移す場合は、売った時の金額が120万円だったら、120万円から90万円を引いた30万円が売却益となるため、その金額に税金がかかることとなります。

 

いかがだったでしょうか。
今回はNISAについて書かせていただきました。
売却などで利益を得るというよりは、長期投資で配当金などを受け取ることを考えている方についてメリットがある制度だと思いますので、長期投資を考えている方は一度検討してもいいと思います。
私も出来るだけわかりやすく書いているつもりだったり、間違えないように書いているつもりですが、何かございましたらご教授いただければと思っています。
なお、当ブログを見ていただいて損失などがあった場合でも一切の責任を負いませんので、よろしくお願いいたします。
また次回、このようなお金のお話とかできたらと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です