【保険】医療保険についてお話してみます!

はい、三冬月と申します。

 

あなたは、保険に入っていますでしょうか。

私は、医療保険に入っていますけど、入る前と考え直しのタイミングは色々考えましたね。

でも、そのまま医療保険を継続している状態となります。

今回は、医療保険についてお話していきたいと思います。

 

 

医療保険について考えるときに必要なことは

1.病気やケガの入院・手術の際にお金が受け取れる

2.保険料控除ができる

3.健康保険には自己負担限度額が設定されている

こちらになると思います。

この必要なことの中で、私が考える、検討をしてもいいと思う人は、

①現在貯蓄がなく、貯蓄ができるまで保険に入る

②60歳や65歳までに払い終わりにして、高齢時に備える

こういうように考えています。

考えるときに必要なことと、検討してもいい理由についてお話していきたいと思います。

 

 

1.病気やケガの入院・手術の際にお金が受け取れる

病気やケガなどをして入院や手術を行うと、日数やお金を消費してします状態となります。

健康保険に入っている方なら1~3割負担で、その時の出費を和らげてくれるというのがメリットになります。

 

 

2.保険料控除ができる

医療保険でも控除ができるので、税金を減らすことができます。

最大で、所得税40,000円・住民税28,000円の控除を受けられます。

 

 

3.健康保険には自己負担限度額が設定されている

健康保険の場合、基本的には3割負担(後期高齢者1割など除く)となりますが、医療費が高額になるのを防いでくれるのがあります。

ひと月(1日~末日)に支払う限度額があり、それを超えると手続きをして後で払い戻しをされるか、支払時に限度額の支払いで済むようになります。

標準報酬月額

自己負担限度額

83万円以上

252,600円+(総額医療費-842,000)×1%

53~79万円

167,400円+(総額医療費-558,000)×1%

28~50万円

80,100円+(総額医療費-267,000)×1%

26万円以下

57,600円

住民税非課税世帯

35,400円

例えば、100万円かかるという場合、通常3割負担となるので、約33万円負担することになります。

ですが、28~50万円が標準月額の人なら、

80,100円+(1,000,000-267,000)×1%となり、80,100円+7,330円=87,430円の負担で済むようになります。

 

 

4.私が検討していいと思う人の理由

そもそも貯蓄がなく、払って自分の経済自体が危うい状態であれば、貯蓄ができるまでは入る選択肢はあるのかなと思います。

ただ、お給料の数か月分の貯蓄ができたら、自己負担額の最大値のことを考えたら、解約をしてよいと思います。

もう一つの老後について考えて私は入っているのですが、その時に支払いをするとなるとバランスが崩れ、生活基準が壊れてしまうのではないかと考えて、60歳払済の契約を行っています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は医療保険についてお話していきましたけど、これを見てどうでしたでしょうか。

参考になれば幸いです。

私自身は老後のことについて考えて入っていますけど、医療保険自体に入らないほうがいいという人もいますので、考え方の違いによって変わってくるのかな~とは思っています。

(払済の契約が無かったら、私は入っていないですからね…)

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

また次回も来ていただけますと嬉しいです。

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です