【書籍】今さら聞けないお金の超基本

はい、三冬月と申します。

 

あなたは最近、本を買って読んでいますか。

私は、よく漫画と実用の書籍を購入しています。

実用の書籍では主に、投資や節約などお金に関するものが多いですね。

その中でも今回は、「今さら聞けないお金の超基本」という書籍についてです。

 

 

 

 

私個人としては、購入してよいと思っています。

その理由としては、

1.保険や活用方法などが書いてあること

2.統計やイラストなどが載っているのでわかりやすい

この2つですね。

 

 

1.保険や活用方法などが書いてあること

例えば実際にがんになってしまった場合の点数や負担額や、それを補ってくれる公的保険の1か月あたりの保険の上限金額、

銀行貯金・クレジットカードの活用方法など、FPなどを勉強したことがない方だと、新しいものが出てくると思います。

 

 

2.統計やイラストなどが載っているのでわかりやすい

私のブログもなってしまっている部分がありますが、文章だけが羅列していると読みにくくないですか…(笑)

この本はイラストが結構入っていて、かなり読みやすいです。

私個人的には、家庭調査を行った「収支の平均」や「支出額や内容」、そのほかにも「平均給与」やなどの統計は知りませんでしたので、勉強させていただきました。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は「今さら聞けないお金の超基本」という書籍についてお話していきましたけど、

FPやお金の勉強をしていない方なら、新たな発見があるのではないかな…と思います。

きっかけがないと、調べることも難しいので、そのきっかけ作りなどにしてもいいと思いますね。

個人的には、もう少し控除や税金などが欲しい部分もあると思いますが、これ以上だと本の厚みがすごいことになりそうなので、ここは賛否ありそうですね(笑)

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

また次回も来ていただけますと嬉しいです。

お相手は三冬月でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です