【節約】携帯を楽天モバイルに変えるメリット

はい、三冬月と申します。

 

今年から回線事業者として楽天モバイルが加わりました。

そして6月30日に、100万人を突破したというニュースを見かけました。

では、楽天モバイルにはどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのでしょうか。

そんなわけで今回は、楽天モバイルについてお話していきたいと思います。

 

 

それでは今回の目次ですが、

  目次

1.月々2,980円でキャンペーン終了までは1年間無料

2.パートナーエリアでは高速通信:月5GBと最大1Mbps

3.アプリを使用すれば国内通話使い放題

4.自社エリアのエリアが少ない

5.機種を選んでしまう

この順番にお話していきます。

 

 

1.月々2,980円でキャンペーン終了までは1年間無料

事務手数料3,300円で、キャンペーン中は月々の料金が1年間無料になります。

しかも事務手数料相当がポイントで戻ってくるキャンペーンを行っているようなので、1年間はかなり安く使えそうです。

今使っている電話はそのままにしてお試しで楽天を使ってみるということもできますし、番号移行で使うなら1年間はほとんどお金がかからずに済みそうです。

 

 

2.パートナーエリアでは高速通信:月5GBと最大1Mbps

楽天エリアなら容量を気にせずに使用できます

パートナーエリアでも、月に5GBなら高速通信で使え、低速なら最大1Mbpsと、低速時の中でも速めにはなっているので、WEBページを見ることやメッセージ確認などでは問題なさそうかな…と思います。

もちろん個人差があるので、なかなか言いにくいところはありますが、私は1Mbpsが出ていれば悪いスピードではないと思っています。

 

 

3.アプリを使用すれば国内通話使い放題

通常使い放題ですと、1,000円以上の追加料金が発生したりが多いと思いますが、RakutenLinkのアプリを使用すると、国内通話が無料になります。

友達や家族なら、アプリ同士で無料とか出来ますけど、そうではない場合でもこれなら安心して電話できますよね。

 

 

4.自社エリアのエリアが少ない

楽天エリアなら高速通信の使い放題がありますが、まだエリアが少ないのが現状です。

現状では、auの回線を多く使用する人のほうが多いと思いますので、ここについては今後に期待という感じになります。

 

 

5.機種を選んでしまう

今使っている機種で、楽天モバイルに移ろうと考えると、対応状況を確認しないと大変になる場合があります

そのため、確認してから申し込みをすることを心がけてください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は楽天モバイルについてお話していきましたけど、私も試しに使ってみるかどうか検討していて、ただ機種はどうしようかな~という感じです(笑)

iPhoneも少しずつ対応がされてきているようなので、今後どこまで対応していくのかによって、より増えたり、減ってしまったりとありそうですね。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

また次回も来ていただけますと嬉しいです。

お相手は三冬月でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です