【年金】年金受給を75歳まで繰り下げ可能について

はい、三冬月と申します。

 

今年に入って、年金受給を75歳からに受け取りを繰り下げ可能というのが出来たようです。

私は知ったのは最近でした…

さて以前に「【年金】受給額について考えてみました。」の時に、70歳へ繰り下げることも検討してもよいのではないかとお話しさせていただきました。

今回は75歳も検討になるのかどうかについて、私なりのお話をしていきたいと思います。

 

それでは今回の内容についてですが、

  目次

1.繰り上げ受給と繰り下げ受給

2.平均寿命などについて

この順番でお話していきます。

先に結論からお話ししますと、現在は75歳の繰り下げは検討しないほうが良いと思っているのですが、どうしてなのかをこの順番にお話していきます。

 

 

1.繰り上げ受給と繰り下げ受給

年金について、繰り上げ受給と繰り下げ受給があります。

以前は60歳まで繰り上げ受給と、70歳まで繰り下げ受給が出来ました。

今回は、繰り下げのほうが70から75歳まで出来るようになったということです。

ではどのくらい違ってくるのでしょうか。

 

繰り上げについては、月0.5%なので、年間にしますと6%下がります。

繰り上げについては、月0.7%なので、年間にしますと8.4%上がります。

そして、60歳・65歳・70歳・75歳で比べますと、こちらのグラフになります。

このグラフから、

60歳から受け取った場合は、76歳まではお得になります。

65歳から受け取った場合は、77歳から81歳までがお得になります。

70歳から受け取った場合は、81歳から91歳までがお得になります。

75歳から受け取った場合は、92歳以上がお得になります。

 

 

2.平均寿命などについて

では平均寿命はどうなのかといいますと、令和元年 厚生労働省の簡易生命表よると、

平均寿命は男性81.41歳 女性87.45歳となっています。

 

もちろん早く亡くなってしまった方、長く生きられた方、いろいろあるのですが、

平均をした寿命の観点からしますと、繰り上げ受給をする場合に損をしてしまうことが多くなってしまうような感じがしますよね。

私が以前にお話をさせていただいた時に、70歳から受け取りの検討が出来るというのは、この数字からお話したことです。

 

では、75歳はどうでしょうか。

70歳から受け取る場合と、75歳から受け取る場合の境目が92歳となります。

今の現時点は、

①女性でも平均寿命87.45歳であること

②退職を65歳と考えた場合、10年間の生活をどうするのか

この2つを考えると、75歳まで繰り下げるのは難しいと考えています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

75歳まで繰り下げが可能ということで、改めてお話いたしました。

今後寿命が上がり、90歳が普通に生きられるようになる場合は、検討するのも視野に入れようとは思いますが、今のところは60~70歳で考えていいような気がします。

ただ繰り下げを考える場合は、それまでの生活をどうしていくかなど、考えていかないといけないとは思います。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

また次回も来ていただけますと嬉しいです。

お相手は三冬月でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です