【お得】現金値引きとポイント割引どちらがお得か

はい、三冬月と申します。

 

今回は「現金値引き・ポイントの付与どちらがいいのかわからない」

という方へのお話になっております。

もしご興味・ご関心がありましたら、最後まで見ていただければと思います。

 

 

それでは今回のお話ですが、

  目次

1.前提条件

2.どちらのほうがお得なのか

この順番でお話していきます。

 

 

1.前提条件

比べる前に前提条件をお話しします。

 

今回は50,000円の商品を家電量販店で購入することにします。

Aのお店では1割引きの45.000円にします

Bのお店では50,000円ですが、10%のポイントを付与があります。

 

この場合、現金がお得なのか?ポイントのほうがお得なのか?全く同じなのか?

ぜひ考えて答えを出してみてから、次を見ていただければと思います。

 

 

2.どちらのほうがお得なのか

私の答えは、「基本的に現金のほうがお得になる」というのが結論になります。

理由は

①B店を利用するかわからない(ポイント失効)

②使用するまで差額が発生する

③ポイントを使用した場合、ポイントを使用した分はポイントが付かない。

こちらの3つになります。

 

①B店を利用するかわからない(ポイント失効)

②使用するまで差額が発生する

こちらはほとんど一緒のような内容です。

5,000円分のポイントは使って初めて効果が出ます。

そのため、ポイントが失効しては意味がありませんし、使用するまで差額が出てしまうので、現金のほうがお得になります。

 

③ポイントを使用した場合、ポイントを使用した分はポイントが付かない。

こういうポイント制度が多いように思いますので、③は特に注意です。

 

今回の購入金額はA店では45,000円、B店では50,000円です。

次も同じ商品を同じ条件で購入したとします。

A店では45,000円で購入したので、合計は90,000円となります。

B点では50,000円ですが、5,000円分のポイントが付きますので、45,000円で購入します。

ただこの場合、支払った45,000に対してポイントが付くので4,500円分のポイントが付きます。

つまりB店の場合は、95,000円にポイント4,500円分のポイントとなります。

この時点でB店のほうが500円分損をしているので、A店のほうがお得になるという結果になります。

 

 

はい、今回は現金値引きとポイントについてお話していきました。

基本的には、ポイントを引いて同じ金額になるようなら、大体の場合は現金値引きのほうがお得になります。

ただ同じ金額を払うことが前提でしたら、ポイントが付く場合はお得ですので、どっちがお得なのか考えながら使い分けをしていきたいですね。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

また次回も来ていただけますと嬉しいです。

お相手は三冬月でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です