【投資】投資の種類・知っておいてほしいことをお話しします!

はい、三冬月と申します!

 

前回までは「どうやって支出を減らすの?」「知っておいた方がいいお金の話」などをテーマにお話してきました。

今回からは「投資」をテーマにお話ししていきます。

 

 

投資といっても「自己投資」と「不動産や会社などへの投資」があると思っています。

自己投資は、書籍などで勉強することはもちろん、セミナーへ参加・機材を購入などを行い、自分自身を高めて「収入を増やすため」「時間を短縮できるようになるため」にお金を使います。

それに対し自己投資以外のものは「お金を元にお金を増やすため」に投資をします。

言葉で書いてもわかりにくいですね・・・

 

例えば私が行っている高配当投資ですが、20万円でその株を購入して毎年1万円を配当として貰えたらどうですか?

こういうのが投資の世界になります。

もちろん「メリット」もあれば「デメリット」もあります。

それを知って・検討して・実際に行動するのかどうか、決めていただければと思います。

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.投資については必ずリスクがある

これからお話しする前に知っておいていただきたいのは、自己投資以外については「必ずリスクが存在すること」「最後の判断はあなた」だということです。

リスクというのは「上がる可能性」もあれば「下がる可能性」もあるということです。

例えば1株を1000円で購入したら、1100円に価値が上がる可能性や900円に価値が下がる可能性があるということですね。

 

そして「最後の判断はあなた」というのは、色々なブログや動画、有料の投資顧問などを見て購入することもあるかもしれません。

そういったものを信用したとしても、投資をした時には「あなたの意思で投資した」ということになります。

つまりは誰も補償をしてくれません!!

だからこそ鵜呑みにはせず、きちんと考えて投資を行っていただきたいと思っています。

 

大事なことなので先にリスクのお話をしていましたが、投資にはメリットもあるからこそ、政府がNISAやiDeCoなどの投資政策を行っているともいえると思います。

「投資をするのか」「投資をしないのか」を知識・考察、そして行動するか・しないのかを決めていただければと思います。

 

なお、投資をする場合の私のおすすめは「投資額を少額からはじめる」ことです。

こうすることによって「一気に大金を失うことがなくなる」ことや、「やっていくうちに気付くことなどがある」からです。

私も最初、少額(毎月5000円)から投資しました。

そこから気付くこともありましたので、もしよろしければ参考にいただければと思います。

 

 

 

2.投資の種類

現在、投資と呼ばれているものは非常に種類が増えてきたと思います。

「債権」「株式投資」「不動産」といった昔からある王道なものから、「FX(為替取引)」「ビットコイン(仮想通貨)」など多種多様のものが存在します。

投資をする上では、いろいろなメリット・デメリットを知ったうえで行う必要があると思います。

ここではいくつかの種類について簡単に触れていきたいと思います。

 

①債権

「国債」「社債」などの債券を購入し、利息をもらう方法です。

簡単に言ってしまうと国や会社の「借金」ですね。

その中でも、よく目にするものでは「個人向け国債」ではないでしょうか。

国にお金を貸し出して、利息と一緒に返してもらうというイメージでいいと思います。

 

②株式投資

会社を拡大させようとすると、非常にお金が必要になります。

そのお金を出資してくれた人に会社は株券を発行しますので、企業を大きくしてもらったり、配当を受け取ったりして、利益を得るようにする方法です。

一般的には「株価の差額分の利益を得る」方法か、「利益から配当金を貰う」方法を考えて投資をしていくことになります。

 

③不動産

土地・建物を購入し、使いたい方に貸し出しをして「家賃収入を得る」方法や、購入後価値が上がった時に売却し「売却益を得る」方法を行い、利益を得るように投資する方法です。

 

④為替取引

別の国の貨幣に交換をして利益を得るように投資していく方法になります。

例えば「為替差益」を考える場合、1ドル100円で購入し、1ドル110円の時に売却したら、1ドルあたり10円儲けが出る・・・というような感じですね。

 

⑤仮想通貨

インターネット上の取引で用いられる通貨と考えていただければと思います。

価格が決まっていないので、需要が上がれば価値が上がり、需要が低くなれば価値が下がるので、これを考えて投資する方法になります。

 

⑥金

金以外にもあるのですが、希少性の高いものに投資を行い、金額が上がった時に売却する方法です。

ちょっと前に「金の金額が上がっている」というニュースなどがあったと思いますが、主に売却益を考えて投資することになります。

 

⑦投資信託

投資のプロにお任せをする方法になります。

投資の種類も様々あるように、投資信託の中身も債権から金など、幅広く扱っていますので、自分の考えにあった投資信託を選び投資していく方法になります。

 

 

 

3.三冬月が投資として良いと思っているもの

まずは予めお伝えするのですが、人によって考え方が違うということは先にお話しさせていただきます。

その上で、私が投資として良いと思っているのは「債権」「株式」「不動産」「金(希少性がある商品)」「投資信託」こういったものになると思っています。

もちろん一つ一つにメリット・デメリットがあるのですが、一概に言いにくいところはありますが、「何が良いの?」と聞かれましたらこの以外には出てこないかなと考えています。

あくまでも一つの参考にお話しておりますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

4.まとめ

今回は投資のリスク・種類についてお話していきました。

投資の種類も増えていますが、大事なのは「誰も補償をしてくれない!」ということです。

だからこそ「知識」を身につけて、「考察」して投資していいものかを考えて。「行動」するのかを決めることが大切です。

そしてその他に大事なことは余裕資金で投資を行い、「生活費」や「生活防衛資金(何かあった時に対処するためのお金)」は決して投資には回さないことです。

投資は余裕資金で行わないと不安になり冷静な判断が出来なくなります。

そして生活防衛資金まで残していることによって、何かあった時でもそこから出すことが出来るので、より安心感が出てくると思いますので、判断がしやすくなると思っています。

これから投資について少しずつお話していきますので、ぜひ一度見ていただけますと嬉しいです。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です