【株式投資】JTの株ってどうなの? 一つの参考にお話しします。

はい、三冬月と申します!

 

今回は「JTって配当利回りが高いけど、どうなの?」「配当利回りが高い=投資はやめておいたほうが良いってこどだよね」という方へのお話になっております。

 

最近、動画や書籍、ブログでも株式投資について見るようになったような気がします。

(私がこういった投資関連の検索を、昔より行っているからという可能性も否定できませんけど…)

そして投資スタイルについて、インデックス投資や配当金投資など様々ないいお話をしてくださる方もいらっしゃるので、私自身も参考にさせていただいているものもございます。

そこで今回は1つの銘柄「JT」について、私なりの考えについてお話しさせていただいておりますので、ぜひ最後まで見ていただければと思います。

 

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの目次の順番でお話していきます

1.JTの株はどうなの?

まず結論ですが、私自身は1つの投資先として良いと思っています。

ただし良い点・悪い点というのがあり、その辺りを見ていかないといけないのかな…というのは思っています。

 

 

 

2.収益などについて

まず収益などを見ていくと、売上高が5年間ほとんどキープしている状態で、営業利益・純利益が減少している状態となっております。

コストパフォーマンスが上がってくれることに期待ですね。

 

では構成を見てみますと、このようになっています。

①海外たばこ 利益66%

②国内たばこ 利益36%

③加工食品 利益1%

④医薬 利益3%

⑤その他 利益-6%

 

現在、海外たばこが一番多く、国内たばこが二番目となっておりますが、利益率に関しては国内たばこが一番高い状態となっております。

ただ国内では離れている人もいるので、売上高が減っている状態となります。

この部分について、次の一手が出来るのかどうか、医薬の収益をより挙げられるのかどうかなどが収益に関わってくるところだと思います。

 

 

3.配当について

配当金については、かなり積極的に株主還元を考えている会社となっています。

本当にありがたいことですね!

 

過去のデータを私自身は追えていないのですが、ニュースでは16期連続で増配を行っていたということですので、株主のことも考えている企業ですね。

 

2019年では、配当金154円・配当利回り7.73%・配当性向78.6%となっております。

そして2020年、予想する配当性向は90%を超える状態となっているので、高くなってしまっているイメージがあります。

 

 

 

4.良い点・悪い点

ここまでのことと、一般的なことを含め、私が感じている良い点・悪い点は以下になります。

 

良い点

・景気に左右されにくい

・売上高が維持されている

・株主還元に対して積極的

 

悪い点

・海外たばこが多く為替の影響がある

・国内たばこが減少傾向にある

・純利益が下がっている

・PBRがちょっとだけ高め

 

 

私は以上のことから、1つの投資先としては良いと考えています。

ただし悪い点もあることから、大きい割合になってしまわない程度が望ましいということも考えています。

私自身も株を保有しており、今後の配当次第で追加購入をするのか、維持をするのか決めるという感じです。

あくまでも私の考えにはなりますので、投資する際はご自身の判断を持っていただきますようお願いいたします。

 

 

今回のお話はここまでです。

もし、「この株も一つの参考に見てもらいたい」というのがございましたら、コメントを頂けましたらその株をお調べしてお話をさせていただくことも考えておりますので、よろしければコメントをお願いいたします。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

また次回も来ていただけますと嬉しいです。

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です