【改善】節約をする場合に最初は何から改善するのか?

三冬月と申します。

 

前回までは家計簿をつけて、改善方法についての考え方をお話ししました。

でも「何から手をつけた方がいいのか?」「いろいろありすぎて…」「どれから始めても良いの?」とかいろいろあると思います。

私は最初、何も知らなかった時には手探りで行っていたので、とりあえずやっていきましたけれども、今でしたらこういう順番で考えていくというのがありますので、今回はそんなお話になります。

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.節約の順番と理由

節約を私の場合「支出計画」っていうことを話していたりしますけれども、それを考える中でこの順番のほうが良いというものがあります。

私が考える順番はこちらです。

①固定費

②浪費

③変動費

 

では何故固定費が一番最初なのかわかりますでしょうか?

もしよろしければ下にスライドする前に考えてみてください。

 

 

私が考える理由は「一度替えてしまうと、ずっと効果があって簡単だから」というのが理由です。

変動する費用について毎月どんどん下げようとすると、どこかで無理が出てきてしまう可能性や、そもそも何かがないと大幅に下がったりできないことが多いです。

(食費はやりくりがうまくなれば下がったりはありますけど、どうしても上がったり下がったりします)

でも固定費で「今入っている保険をやめたり」「プラン料金が安くなった」など、無理をしないで改善が出来る部分があれば、変えた後でも継続した節約が可能になります。

そのため私は固定費から変えることをおすすめしています。

 

 

 

2.車について考える

私は車に乗りませんが、固定費としてはかなりの大きいお金だと思います。

必要なお金としては「自動車税」や「保険料」、「点検」・「車検」・「駐車料金」や「ガソリン代」などの維持費に、一番最初にかかる「購入代金」など大きい部分だと思います。

 

私みたいに交通手段を公共機関にして車を持たないことをすることも選択肢にありますが、出来ない人もいらっしゃると思います。

(あとは運転が下手で怖いこともありますが内緒です)

 

私が考える改善を検討したい場合にはこういったものがあると思います。

・電車バスなどの交通機関に変更し車を売却

・乗る機会が少ないなら、レンタカー・タクシーを活用し車を売却

・家族でシェアをして、必要以外売却

・購入時に「新車」ではなく「中古車」にする

・自動車保険を見直す

もしよろしければ、参考にしていただければと思います。

 

 

 

3.気をつけたいのは目的を意識すること

例えば移動手段のために車を購入している人と、趣味で車を購入している人では目的が違ってきます。

移動手段の場合であれば、最低限必要になるので「消費」を考えますが、新車は最低限の購入ではないですよね??

(中古車でも移動では問題ないですからね)

その場合は「浪費」となってしまうので、経済的な余裕からは遠のくということを理解はしておいたほうが良いと考えています。

 

ただ趣味として購入するなら「浪費」として元々考えていると思いますので、その部分は理解していらっしゃると思います。

大事なのは「消費」なのか「浪費」なのかを判断して、あなたの目的に合ったことを行うのが重要です。

 

私は「浪費」が悪いと言っているわけではなく、収支のバランスだったり、やりたいことだったりと、いろんな面から考えてほしいと思っています。

例えば趣味にしている方なら、その人の優先順位は高いと思いますし、それを生きがいにしていたりしますよね。

でも移動手段であれば、優先順位が高くないのですから、他の優先度が高いものにお金を回したほうが、あなたの満足度や幸福度、不安を取り除けるお金の使い方に近づけるのではないでしょうか。

 

車に限らず、あなたの「優先順位」と使うお金について、いろいろな点から節約を行っていただければと思います。

 

 

4.まとめ

今回は最初に固定費を見直すほうが良いということについてお話していきました。

理由としては、「一度替えてしまうと、ずっと効果があって簡単」ということがあり、主に「消費」に入っていることが多いからというのがあります。

今回は固定費については「車」についてお話いたしましたが、目的によって「消費」や「浪費」ということを考えて、節約いただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です