【投資】株主優待の魅力と気をつけるべき点

はい、三冬月と申します!

 

今回は株主優待の魅力と気をつけるべき点をお話していきます。

現在株主優待がある会社は1000以上あります。

この株主優待ですけれども、魅力的に思うところもあれば、気をつけないといけないものも多くありますので、最後まで見ていただければと思います。

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.株主優待のいいところ

長期株を保有している方に向けて、企業側から貰えるものです。

自社製品や金券、お米など生活で使うものや、お得になるものがあるのでこちらを目当てで長期保有をしている人もいます。

 

例えばイオン。

イオンでオーナーズカードを提示して、現金やイオンのクレジットカードで支払うと3~7%の返還がされるようになります。

 

続いてヤマダ電機。

年2回、ヤマダ電機で使える1000円で1枚(500円引)使える割引券を貰えます。

 

こういうように、株主優待によって得をする部分がありますので、長期で還元される一つの見る指標になるのかなと思います。

 

 

 

2.株主優待の気をつけなくてはいけないこと

私が考える気をつけないといけないこととしてはこちらになります。

①株主優待が変更される可能性がある

②お得に見えるだけの可能性

③NISA口座なら外したほうが良い可能性

 

①株主優待が変更される可能性がある

株主優待はいきなり変更や廃止される可能性があります。

例えば「すかいらーく」。

100株で年間6000円の食事優待だったのですが、4000円になりました。

その他にもダイコク電機からはポイントが出ていたのですが、これが廃止になりました。

このように、改悪や廃止をしやすいという部分も株主優待の特徴であると思いますので注意が必要になります。

 

②お得に見えるだけの可能性

例えば自社で使える●円分の券や、●%OFFなどの株主優待もあります。

実際にその方が良く利用するのであればいいと思いますが、基本的に利用しないのであれば浪費をしてしまう可能性につながりますので、株主優待目当てでは投資しないほうが良いと思います。

 

③NISA口座なら外したほうが良い可能性

高配当で株主優待があればNISA口座のメリットを受けられますが、優待だけですとNISA口座を利用するのはおすすめしません。

貴重な非課税枠を使用してしまうので、使うなら配当金も出る株式で使用しましょう。

 

 

 

3.株主優待について

私個人としては、配当金>株主優待で現在は考えております。

理由なんですが、これは私が投資しているものの感覚になってしまうので、正確なことはお話しできませんが、配当金が悪くなるより株主優待が悪くなることが多い気がします。

そして配当金1000円と株主優待で割引券1000円なら、どっちのほうが使いやすいかはお分かりになると思います。

ただよく行く場所であれば、配当がNISAなどでない場合は課税になるので、そのあたりは難しいところになると思います。

 

 

 

4.最後に

今回は株主優待についてお話していきました。

株主優待も生活の一つとしてメリットがあるものも多くあるので、選択肢の一つとして考えていい反面、デメリットもありますので投資される場合は色々とお考えになって行っていただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です