【通信】通信業界に変化!?ほかのプランを見ていきます!

はい、三冬月と申します!

 

前回はドコモの新しいプラン「ahamo」についてお話していきました。

ここ最近ではahamo以外にもいくつかのことがありましたので、今回はそのお話になります。

もしご興味・ご関心がありましたら、最後まで見ていただければと思います。

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.auの新プラン

auが「データMAX 5G with Amazonプライム」の新しいプランが出ました。

金額は3,760円~となっております。

 

ではこれの良いところについては「いろいろな付加サービス」を一つ一つ契約するより安いことですね。

 

では今回の発表について、どう私が思ったのかといいますと「タイミングの悪い」・「わかりにくい」この2点です。

ドコモがahamoを出すと宣言した後ですから、期待値としては「対抗するプラン」を考えていたと思います。

さらに武田総務大臣から「コロナ禍だから、みんなで力を合わせようとしているときに、還元してくれない。複雑なプランを使って料金を取ろうとする。」との発言があるにもかかわらず、料金プランは複雑で還元も見受けられないです。

この状況から考えるとタイミングも分かりやすさも無いので、使用者目線・投資家目線の両方とも悪く見えてしまったと思います。

 

そしてそろそろ大手キャリアについては「わかりやすさ」を考えてほしいですね。

色々な値引きを重視したいなら「値引き前の金額の記載」だったりするだけでも違ってくると思います。

記載があるだけで「この金額からこの金額の間」ということは分かりますからね。

 

そして今回のプランに割引が入らないと消費税を入れて、10,000円超えることに驚きなのは私だけなのでしょうか…。

 

 

 

2.ドコモ新プラン

ahamo以降にドコモの新プランが発表されました。

「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」の2つで、5Gギガホプレミアが6650円、ギガホプレミアが6550円、月に3GB以内の通信だった場合は1500円引きとなります。

そして利用可能容量も増加していて、5Gギガホについては無制限、ギガホについては60GBまでになるようです。

勝手にプラン変更されないため、変更したい人は必ず行うようにしましょう!

特に5Gのほうは、無制限になり使い勝手が良くなるかと思いますね。

ただし、混雑時と大量通信をする場合は制限を設けるようなので、確認は必要そうですね。

 

 

3.ソフトバンク新プラン

ソフトバンクとしては、ahamoに対抗した「Softbank on Line」、料金体系を変更した「ワイモバイル」、5Gギガホプレミアに対抗した「メリハリ無制限」です。

Softbank on Lineはオンラインのみでの契約となり、容量20GB、5分以内の国内通話無料で2980円。

ワイモバイルは容量が3段階で、3GB1980円、10GB2980円、20GB3780円となっております。

メリハリ無制限は6580円で、データ容量無制限、ただし3GB以下の使用だった場合は1500円引きされます。

個人的には、ドコモにあわせてきた…というところで、目新しさがない感じがしてしまう部分があると思います。

 

 

 

4.サブブランドへの移行の壁

auからUQモバイル・ソフトバンクからワイモバイルともにサブブランドに切替する場合、最大9500円の契約解除料と3000円の転出手数料が無料を実施する予定で、auは2021年2月以降、ソフトバンクは2021年春以降の予定です。

一部新規契約の3000円も無料になるとのことですので、武田総務大臣の言っていた壁が無くなる予定になりました。

 

私にとっては年間で数万円違いが出てくるので、壁という印象が無いのですが、これを機にサブブランドに変わる人も出てくる可能性が高そうですね。

 

 

 

5.日本通信「合理的新プラン」

日本通信からドコモへの対抗プランとして1,980円のプランを出しました。

通信容量:16GB(ahamoサービス提供と同時に20GBへ変更)

通話:月70分

低速通信:速度記載なし(メールなどのテキストのやり取りができる程度の速度との記載あり)

 

ちょっとでも安く使いたい方は一つの選択肢になるかと思います。

 

 

6.最後に

今回は前回に引き続き通信のプランなどについてお話していきました。

現在大手キャリアを使っている方であれば毎月数千円の金額が違ってくる可能性があります。

もちろん「変えない」という選択肢もありますが、「面倒だから変えない」「時間がないから」と言い訳をしていくと、これから先も出来ない理由を探してしまうのかな~と思います。

もし変えないというなら「通信スピードが速くないといけない」「お金よりサポート重視」など、リスクを考えて出した結論のほうが満足度も変わってきます。

なぜなら「大手キャリアは高い!」っていう発言から「速度や安定性が高いから料金に見合っている」などに変化するためですね。

この通信だけの問題ではなく、是非いろいろと考えて結論を出していただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です