【知識】ソニーの純利益1兆円はどう凄いのか?

三冬月と申します!

 

今回は、ソニーの純利益が1兆円になったニュースがありました。

それが「どう凄いのか?」についてお話していきます。

これがわかると、資産形成や節約、本質を見ることにつながるので、ぜひ最後まで見ていただければと思います。

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.同じ1兆という数字でも

今回ソニーが純利益1兆円になったというニュースなんですが、例えば大型家電量販店のヤマダ電機だと、売上が約1兆6000億円になっています。

さて、これを見て、あなたはどう違うのか、わかりますか?

 

 

この1文を見て「ここ!」って言える方は、かなりお金の知識が高くなっていらっしゃると思います。

わからなかった方は、今回でぜひ知っていただければ嬉しいです。

 

注目すべきは点は「純利益」と「売上」という言葉です。

この2つは大きな差がありますので、会社員で例えてお話します。

具体的な違いですけれども、「売上」は会社員で言うところの年収になります。

さらに簡単に言いますと、税金や保険料が引かれる前の額面の年収です。

ここから税金や保険料、家賃などの生活費を支払って、最終的に残った金額を貯蓄するイメージになると思いますが、この貯蓄出来たお金が「純利益」というイメージです。

 

余談になりますが、先ほど例に挙げさせていただきましたヤマダ電機が、純利益だと300億円くらいとなります。

そのため、純利益1兆円がどれほど凄いのかがわかっていただけると思います。

 

 

 

2.資産形成や節約の考えで必要なこと

資産形成、節約を考えるうえで、やっぱり重要なのは「収入から支出を引いた金額」だと思います。

例えば、1億円の収入があっても、1億円を使ってしまうと残らなくなります。

収入が500万円でも、使った金額が300万円なら、200万円を蓄えたり、余裕資金として投資したり、自己投資することも可能です。

 

ぜひお金について考える場合、収入だけを考えるだけでなく、支出においても目を向けていただければと思います。

 

 

3.最後に

今回は純利益についてお話していきました。

今回のことをあげさせていただいた理由としては、本質を見ることによって、あなた自身が騙されないようにする、会話の理解度をあげることができるのではないかと思い、お話させていただきました。

 

例えば、「私は、これで1000万円稼ぎました」、「今なら、このノウハウを書いてる書籍を30万円で特別に販売します」と言っている人がいたとします。

そうした場合に「これって売上?純利益?」「このノウハウって通用するの?(再現性、今でも使える?)」など、疑問が出るようになれば、詐欺に引っ掛かりにくくなると思います。

私も含め、いろいろなことを考え、本質を見抜く力を身につけていきましょう!

 

ここでお知らせになりますが、Youtubeにて節約に関する動画もアップしていますので、ぜひそちらもチェックいただけると嬉しいです。

https://www.youtube.com/channel/UCe_zd72CHKIpj99TntjkJ6Q

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です