【体験談】マルチ商法に誘われた私の体験談

三冬月と申します!

 

今回は「マルチ商法」をテーマにお話していきます。

先日、ある時にマルチ商法を誘ってきた知り合いのことを思い出したので、その時のお話です。

これも「お金」に関することで、守ることにもつながるということがあると思いますので、最後まで見ていただければと思います。

 

こちらのブログや、Youtubeでは、「節約」や「お金」をテーマに、お話しています。

興味のある方や、お話が良いと思っていただけましたら、ブックマークやチャンネル登録、コメントなどを是非よろしくお願いいたします。

Youtube URL:https://www.youtube.com/channel/UCe_zd72CHKIpj99TntjkJ6Q

 

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.マルチ商法って

ここについては、私の認識になるので、誤っていたらすみません。

商品を販売したり、会員を増やしたりすると、販売をした人・会員に誘った人にお金を渡して、どんどん規模を大きくしようということです。

つまり、Aさんがマルチ商法を始めたとしたら、Bさんに販売をしたり、会員になってもらうと、Aさんにはお金が入ってくるということです。

 

 

 

2.私が誘われた時のお話

私がマルチ商法に誘われたときは、10年以上前のお話です。

知り合いから「別の仕事をやってみない?」という、簡単に言うと副業に誘われたということです。

私もどういう内容の副業かが興味あったので、約束の時間と場所を決め、行ってみました。

 

約束の時間に、その場所に行ってみると、知り合い以外にもう一人来ていました。

仮にここからは知り合いをAさん、もう一人をBさんとします。

私は両方に挨拶をして、Bさんが来ている理由が説明をするためというのを聞きました。

 

実はこの時点で、嫌な予感をしていました。

というのも、私だけに仕事の話をするなら、もう一人の存在がいらないからですね。

そして、その予感は的中して、マルチ商法を紹介されたということですね。

内容は10年以上前なのであまり覚えていません。

 

私の要約した内容としては、「広告より口コミは良さが伝わりやすい」「広告料ではなく、紹介料としてお金をかけていること」「ねずみ講ではないこと(顔に出ていて、Bさんが話したのかもしれません)」を説明してくれたと思います。

私はこの場で決めず、考えて結論を出したいことをお伝えし、Aと別れました。

 

もう別れたときに結論は出ていたのですが、Aにどう話すかということを考えたかったからです。

その後、Aから何度か連絡をいただいていたのですが、電話に出られませんでした。(距離を置いていたというわけではなく、仕事だったので)

なお、折り返しは時間的に迷惑な時間でしたので、やめていました。

ただ、起きたら私が折り返しをするのは忘れていましたけどね・・・。

そんな私の対応だったからだと思いますが、3回目くらいでちゃんと連絡を受けられた時には怒っていました。

もともと私は断るつもりではあったので、断ることを伝え、電話を切りました。

その時に、「やめた方がいいんじゃないのか」「ちゃんと考えた方がいい」ということを話すことが出来ませんでしたが、それが良かったのか、悪かったのかは思い出すたびに考えていました。

ただ、最近になって「価値観」が違っていたので、私が言っても難しかったのではないかと思うようになりました。

なお、その知り合いは、それを境に連絡などを取っていません。

 

 

 

3.考えて行動しよう

今後、あなたにも勧誘されることがあると思います。

それはマルチ商法だけでなく、訪問販売や電話勧誘などもあります。

 

その時に考えてほしいのは、「わからないなら、その時に出来るだけ結論を出さない」ことが良いのではないかと思います。

今では、インターネットで調べると「似たような事例」「会社の特定」など、情報を出している方が多いです。

断ることを決めているなら、その場で断るのはいいと思いますが、勧誘などについては、「詐欺などの可能性」や、「別の視点の考え」を考慮して、その場で「YES」と回答をしない方が、私はいいのではないかと思っています。

ぜひ、こういったときの対処法なども、考えていただければと思います。

 

 

 

4.最後に

今回はマルチ商法についてお話していきました。

人に勧めることによって、信頼を失うリスクがあったり、お金を得る可能性があったり、考え方はそれぞれになります。

今回はマルチ商法を1つの題材としていますが、それ以外のことでも、あなたは「どうなりたいのか」「大切なことは何なのか」「メリット・デメリットを比較した場合どうなのか」など、いろいろ考えて結論を出していただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です