【要確認】収入・支出・資産の確認をしよう!

三冬月と申します!

 

今回は「収入・支出・資産」をテーマにお話していきます。

このブログを以前から見て、実践している方は収入と支出に関しては、確認している方が多いのではないでしょうか。

でも、資産は確認していないという人も、いらっしゃると思います。

あと、最近から見始めたという方だと、まだ把握していない方も多いと思います。

そこで今回は、収入や支出、資産を確認して、現状の把握をしましょうということをテーマにお話していきますので、最後まで見ていただければと思います。

 

こちらのブログや、Youtubeでは、「節約」や「お金」をテーマに、お話しています。

興味のある方や、お話が良いと思っていただけましたら、ブックマークやチャンネル登録、コメントなどを是非よろしくお願いいたします。

Youtube URL:https://www.youtube.com/channel/UCe_zd72CHKIpj99TntjkJ6Q

 

 

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.収入

収入については、多くの人が把握していると思っています。

自営業やフリーランスの方なら、収入を把握しないと暮らしていけるかがわかりませんし、帳簿もつけているからですね。

会社員は、決まったお給料が出ているので、どのくらいの収入が入るのかがわかっているはずです。

 

つまりは、収入については大体の方が把握していることだと思っています。

ただもし会社員で「収入をアップさせたい!」ということなら、昇進を目指すのか、転職を視野に入れるのかは、考えていた方がいいと思います。

 

例えば、昇進を目指すなら、「どのくらい昇給が出来そうなのか」を飲みに行ったときに聞いてみるとかですね(笑)

転職なら、あなたが「どれくらいの収入の場所に転職が出来そうか」というのを転職サイトや、転職エージェントを通して確認してみるという感じになります。

もし、少しでも転職を視野に入れているなら、転職エージェントなどを利用してみるのはいい手段ですね。

私は転職サイトなどを利用していましたが、バレていませんでした。

こんなに転職しそうな人なんですけどね(笑)

 

 

 

2.支出

支出の把握に一番いいのは、家計簿をつけるのがいいと思っています。

「面倒!」って言われそうですが、習慣化が最初に大変ですが、それ以降は簡単に私は出来ました。

特に、今使っているマネーフォワードというアプリがあり、これを使ってからは「より簡単に」出来るようになりました!

 

理由は2点です。

1つはスマホのアプリなので、支払った後に隅に行って、金額を入力すれば、その買い物の支払いを家計簿につけたことになります。

所要時間としては1分前後ですね。

 

もう1つは、銀行やクレジットカードを提携しておくと、変動があったら、あとで自動的につけてくれることになります。

光熱費や通信費などは、提携しておくとつけてくれますし、提携する所要時間も数分で終わります。

 

そして1年間の収支を見るだけなら、無料で使えるのもポイントになります。大体の支出を把握するなら、まずは1年間無料で試して、そのあとに有料にするか、無料にするのかを決めてしまえばいいだけになります。

なお、私は無料で使っていますので、1年以上前の支出は見られません。

 

 

それ以外の方法なら、ノートなどを使うか、エクセルなどのデータにするかですね。

もちろんそれぞれメリット・デメリットがありますので、あなたに合ったつけ方をされることをお勧めします。

 

 

 

3.資産

最後に資産の把握です。

資産としては、投資信託・株式・金などの投資商品と、住宅や車などの所有しているものになります。

投資信託や株式の場合は、証券会社にアクセスするなどをすると、現在の金額がわかりますよね。

 

住宅や車の場合は、査定をしてもらうとわかるようになります。

試しに査定をしてもらうことで、現在の価値を知ることが出来ます。

もし、価値を知りたくないという場合には、ここは0換算する方法しかないと思います。

念のための補足ですが、購入金額を入れるのは間違いになります。

その理由は売却したときに、その金額にならない可能性が非常に高いからです。

住宅を売ることを考えていないのであれば、0換算もいいですけれども、もし売却も視野に考えているのであれば、一度価値を知ってみた方がいいと思います。

 

そのほかにも、負債についても、現在どのくらいあるのかを確認しておきましょう!

「住宅や車」のローンや、カードローン、クレジットカードなど、現状を把握しておくといいと思います。

 

 

 

4.最後に

今回は「収入・支出・資産」をテーマについてお話していきました。

節約などを考えるときに、欠かせないのが収入や支出の把握、資産管理をしておくと、状況がわかります。

その状況から、「収入よりも支出が少ないかどうか」「無理のない返済計画になっているかどうか」「何を考えて節約をしているのか」などを再度考えられるようになりますので、ぜひ把握してみていただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です