私と一緒に通信費を見直しませんか?

三冬月と申します!

 

今回は通信費をテーマにお話していきます。

昨年から今年にかけて、安い通信プランが出てきていますよね。

有名なものとしては、ahamo・povo・LINEMOの三大キャリアの20GBプランがありますね。

それ以外にも、格安シムでも大きく値下げをしていたり、サブブランドも安くなりました。

そのため今回は、あなたに合ったプランの考え方や、料金体系を考えてみたいと思います。

そして、私は今まで楽天モバイルのドコモ回線を使用していましたが、アンリミット6に変えました!

理由としては、割引期間が終わって2,980円に戻ること、もし通信が良くなかったらahamoなどに乗り換えをすればいいと考えたためですね。

一人で不安ということであれば、私と一緒に節約ため通信費を見直したりしてみませんか?

ぜひ、最後まで見ていただければと思います。

 

なお、三冬月はこちらのブログだけでなく、Youtubeでも節約のお話をしています。

節約に興味のある方は、ぜひ再生していただいて、お話が良かったと思いましたら、チャンネル登録・コメントをよろしくお願いいたします!

 

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.容量選び

まず、あなたが使う容量を確認します。

毎月が20GBを超えるようであれば、無制限のプランが第一候補になると思います。

20GB以下でしたら、選択肢としては下記になってきます。

①三大キャリアの20GBプラン(3000円前後)

②サブブランドの15GBプラン(3000円前後)

③格安シム業者のプラン(1000~2000円前後)

では、一つずつお話していきます。

 

①三大キャリアの20GBプラン(3000円前後)

ahamo・povo・LINEMOの三大キャリアを使うプランですね。

メリットは大手のキャリアを使うので、通信品質がしっかりしていることになります。

そして、通信を使い切っても、1Mbpsでの通信が出来るので、昔のように文字がギリギリ通信できる程度のスピードということにはならない点も良いところになりますね。

 

デメリットは、オンラインが基本のプランということと、メールアドレスが使えなくなるという点になると思います。

この辺りは、人によってあまりデメリットにならない人もいらっしゃると思います。

 

 

②サブブランドの15GBプラン(3000円前後)

UQモバイル・Yモバイルのプランになります。

povo・LINEMOと比べると、容量は小さくなりますが、店舗でのサポートも通常通りできますし、通信品質も大手キャリアに対抗できるような安定性があります。

こちらも低速時で1Mbps出るので、あまりスピードを求めない方であれば低速でも問題ない人もいらっしゃると思います。

(三冬月は1Mbps出ていれば、スピード的には十分だと思っています)

 

 

③格安シム業者のプラン(1000~2000円前後)

最後に格安シムの業者です。

最近では、1000円前後のプランも出てきています。

例えば、「外ではほとんど通信をしない」、家ではWi-Fiがあれば、一つの選択肢になるわけですね。

デメリットとしては、ほとんどの会社はネットなどのサポートになること。

使う人が多い時間帯である、お昼や夜などはスピードが出にくいところがあります。

会社としては、ニューロモバイル・ビッグローブモバイルなどが、個人的には有力な選択肢になるかなと思っています。

 

容量などを決めて、サポートをどう考えるかによって、様々な選択肢の中から決めていく感じですね。

 

 

 

2.電話などのオプションサービス

次にオプションサービスになります。

有力なものとしては、通話料・留守番電話・独自のオプションサービスになるでしょうか。

 

例えばLINEなどで完結している方なら、あまり必要ないと思いますが、電話でやり取りをしているという方なら、5~10分の通話オプションサービスや、国内通話料無料サービスなどを利用するのも選択肢になると思います。

 

独自オプションサービスは、例えばビッグローブならエンタメフリーというのがあって、一部通信カウントされないものがあります。

マイネオなら低速のスピードを500kbpsにするというオプションがあるので、低速でも出来る範囲を増やす枠割がありますね。

 

 

 

3.スマホ・電話番号

今使っているスマホ・電話番号を使うかによって変わってきます。

電話番号をそのまま使いたいなら、ナンバーポータビリティというサービスを使うことになります。

電話やネットから、回線を移る手続きをするということです。

 

ここで間違いやすいのは「この手続きをしたら使えなくなるんじゃない?」ということ。

でも大丈夫です!

この手続きは一定期間の間に、他の会社に乗り換えた場合に、こっちは解約になりますというものになるので、結局乗り換えなかった場合はそのまま使えます。

 

手続きをするとナンバーがもらえるので、それを乗り換え先に入力や伝えることで、電話番号をそのまま乗り換え先でも使えるというわけですね。

 

 

次にスマートフォンをそのまま使いたい場合です。

この場合は、スマートフォンにかかっている、ロックを解除する必要があります。

ネット上で行うのが一番ですが、複雑ということならお店でもできますが有料になることが多いですね。

このロックを解除を忘れてしまうと、他のシムが使えないということになりますので、必ず行うようにしましょう!

(一部、解除しなくても使えるようですが、解除しておく方が良いと思います)

 

ここで、一部のアンドロイドの注意点をお話します。

エクスペリアなど、一部の機種によっては、ドコモ・au・ソフトバンクの回線に合わせて受信できるように作っているものがあります。

大体の場合は、完全に使えなくなるということはありません。

ですが、建物の中で受信するのが悪くなるなどがあります。

(このお話をしますと、長くなってしまいますので、省かせていただきます。

お話を聞いてみたいという方が多くいらっしゃいましたら、書かせていただきたいと考えています。)

もし、アンドロイドの場合は、こういう可能性があることは気にとどめていただければと思います。

 

 

 

4.最後に

今回は通信費についてお話していきました。

去年・今年は通信費がお得になるような年になると、三冬月は期待をしています。

これ以上は限界ではないかと思っているのですが、なにか面白いプランが出てくれると、より使用者はお得に使えることになりますね。

ただ怖いのは、ここまで安くしたことによって、利益が出るのかどうかということです。

会社は利益が出ないと、継続が出来なくなります。

この辺りは、ちゃんと見ていかないといけないのかな・・・と思っています。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

 

◆おすすめの過去記録◆

【大事】「知識」・「考察」・「行動」3つの大切さ

 

【お金】破産する人の大雑把な理由4選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です