年金受給75歳!?

三冬月と申します!

 

今回は年金の受給をテーマにお話していきます。

2022年4月より、繰り下げ受給が10年間、つまり75歳から受け取るという方法もできるようになります。

今までは60歳~70歳だったものが5年間選択肢が増えて、60歳~75歳の15年で受け取りを開始する選択肢に増えました。

 

ここで思うのは、

じゃあどれがお得なの?

と思う方がほとんどではないでしょうか?

 

ただ、一番いい選択肢は、誰に聞いてもわかりません。

なぜなら、誰もあなたが亡くなる年齢を知らないからです。

そのため、平均寿命や年金の貰える額から、ある程度の最適を考えたお話をしていきますので、最後まで見ていただければと思います。

 

こちらのブログや、Youtubeでは、「節約」や「お金」をテーマに、お話しています。

興味のある方や、お話が良いと思っていただけましたら、ブックマークやチャンネル登録、コメントなどを是非よろしくお願いいたします。

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCe_zd72CHKIpj99TntjkJ6Q

 

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.繰り下げ受給の上昇度

まず、年金は繰り下げ受給をした場合には、貰える額が上昇します。

上昇の度合いは月0.7%となっています。

 

『その程度の上昇しかないの?』

と思った方いませんでしょうか?    

 

でも、年で考えると8.4%、今までの5年間なら最大42%が上昇すると考えると、どうでしょうか?

それが出来るようになるのが、この繰り下げ受給になります!

 

 

 

2.5年間・10年間繰り下げ

ではここからは、5年間・10年間を繰り下げ受給した場合を見ていきたいと思います。

まずは今までの制度通り、65歳から受給した場合と、5年間繰り下げ受給した場合を見てみたいと思います。

 

このようになりました。

82歳で総合計の金額が逆転するということになりますね。

42%の増加は、やっぱり大きいというのがわかりますね。

 

次に65歳から受給した場合と、10年間繰り下げ受給した場合で見てみたいと思います。

 

このようになりました。

分岐点としては、87歳になります。

こちらも84%の増加は、やっぱり大きいというのがわかりますね。

 

 

 

3.現時点の三冬月の考え

では現時点の三冬月の考えをお話します。

私が5年間・10年間の繰り下げ受給のどちらを選ぶかですが、私なら5年繰り下げを選択します。

こちらを選んだ理由は2つあります。

 

①分岐点が92歳

②10年間への余裕

 

まず分岐点が92歳とお話させていただいたのですが、これは5年繰り下げの場合と、10年繰り下げの場合の分岐点になります。

でも現在では、平均寿命が男性で約81歳、女性で約87歳となっている為、多くの人は「5年繰り下げ」の方がお得になるということになります。

もちろん今後、寿命が延びて92歳が平均寿命になる可能性はありますが、10年間の間働くにしても、貯蓄をするにしても、年齢を考えると無理できないのかな・・・と私の中では考えてしまうところになります。

そのため、現時点では「5年間迄の繰り下げ」または「通常通り貰う」というのが、良いのではないかと思います。

 

 

 

4.最後に

今回は「75歳受給」についてお話していきました。

選択肢が増えたことについては、非常に良いことではありますが、今までの5年間繰り下げ受給と比較してしまうと、使いどころが難しいと思っています。

こういった内容を理解できると、ある程度お得になる方法を考えられるようになります。

ぜひ、いろいろなことを考えて「よい節約生活」を!

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

 

◆おすすめの過去記録◆

【必見】年金の仕組み・受給額・対策を考える

 

【考察】保険リスクについて考えよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です