初めて投資する人へ「知ってほしい3つのこと」

三冬月と申します!

 

最近「投資」をする人が増えていると思います。

もしかしたら、私がよく目についてきているだけの可能性もありますが、

TesTee Labの2020年度版「貯金・資産運用に関する調査」によると、20代男女の資産運用は、1年前に比べ男性で7.8pt、女性で7.9ptと、おおよそ8%くらい増えているという調査結果になっています。

 

だからこそ今回は、これから投資を始める人に、知っておいてほしいことを3つお話しします。

私も投資をして、さかのぼれる限り8年以上となりますが、本当に試行錯誤で行って、ようやく今の長期投資に行きついた経緯があります。

投資で退場しないためにも、ぜひ最後まで見ていただければと思います。

 

こちらのブログや、Youtubeでは、「節約」や「お金」をテーマに、お話しています。

興味のある方や、お話が良いと思っていただけましたら、ブックマークやチャンネル登録、コメントなどを是非よろしくお願いいたします。

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCe_zd72CHKIpj99TntjkJ6Q

 

 

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.投資にはリスクがある

投資でリスクという場合には、2つの意味で使われることが多いと思います。

1つは「危険性」という意味です。

株式で言いますと、倒産リスクなどで使いますね。

つまり危険性が高いか、低いかを表したものということです。

 

もう1つは「不確実性」という意味です。

よく日経平均株価が100円上がりましたとか、200円下がりましたとか、そういうことを目にしたり、聞いたりしたことないですか?

簡単に言ってしまうと「変動する」ということです。

そしてリスクが高いというのは、変動幅が大きいことを言います。

 

そしてこの不確実性のリスクは、ローリターンローリスク、ハイリターンハイリスクになります。

例えば銀行の預金を思い浮かべてください。

今だと、0.002%位ですよね。

でも、下がってしまう可能性は…無いですよね。

これがローリターンローリスクということです。

 

では株式で今度は見てみたいと思います。

2020年2月では、おおよそ23,000円くらいでした、

それが2020年3月に16,500円を記録しています。

つまり1か月でおおよそ70%くらいが減少したということになります。

でも、2020年10月に、おおよそ23,000円くらいだった日経平均株価が、2021年2月に30,000円を超えました。

おおよそ4か月で30%くらいが上昇したということになります。

これがハイリターンハイリスクということですね。

 

あくまでも何かに比べて…ということになりますが、こちらについては意識いただけると嬉しいです。

 

 

 

2.余裕資金で行うこと

私は長期に渡って投資を行う上で、やってはいけないことがあると思っています。

それが負債と余裕資金に手を付けることです。

逆にこの2つを守っていれば、資産を失うことはあっても、基本的に破産しない考えています。

 

まず負債ですが、これは借金や信用取引などによるものです。

「信用取引」って聞いたことが無いと思いますが、なるべく簡単にお話ししますので、ついてきてください!

借金の場合はたぶん想像つくと思います。

お金を返さないといけないタイミングに、お金が無かったら返すことが出来ないので、これで破産するという場合はわかりやすいですよね。

 

信用取引も同様なんですが、信用取引っていうのは、例えば100万円を元手に300万円の取引が出来ますよ・・・というものです。

この200万円分は、借りている状態になるわけです。

なので、信用取引をしている間は手数料という金利が発生しますし、赤字が出ればその分返済義務が発生します。

例えば、100万円を元手に取引して、150万円のマイナスが出た場合には、元手を失うだけでなく50万円を支払わなくてはいけません。

だから破産してしまう可能性が出てくるというわけですね。

 

あとは余裕資金や生活費を投資に充てた場合も、破産する可能性の一つですね。

結局、余裕が無くなって借金することにつながるので、これをもとに破産してしまうということです。

 

私が考える破産をする理由は2つなんですが、もしこれ以外に「これもあるよ」っていう方がいましたら、ぜひコメントなどいただけると嬉しいです。

 

 

 

3.あなた自身が考えること

雑誌やブログ、動画などで投資をおすすめしているものがあります。

もちろん参考などにするのはいいことだと思います。

ですが、おすすめしていたからという理由で行うのは良くありません。

なぜなら、その人が何を言っても最終的にはあなたの自己責任になるからです。

 

例えば、詐欺に近いもの、発信者自体が気づいていないことなども多くあります。

私も、こういう風にしたほうが良いのでは・・・と思っていても、気づいていないことや考慮していないこともあるかもしれません。

その他には、発信者が儲けられるという理由で、おすすめしているものもあると思います。

だからこそ、参考にするのは良いのですが、鵜呑みにして投資するのは止め、あなたが考えて行うようにしましょう!

 

 

 

4.最後に

今回は、初めて投資をする場合に、知ってほしいことを3つお話していきました。

知識や技術なども必要になりますが、今回お話したことも必要な内容になると思います。

そして、どのくらいのリスクならとれるのか、致命傷にならない金額というのは、人によって変わってきます。

ぜひ、あなたの適切やリスクや金額などを少しずつ理解していただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

 

◆おすすめの過去記録◆

【節約】マネーマシンの作り方

 

【投資】投資信託の良いところ・気をつけるべきことについて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です