えっ!?簡単に作れる家計簿を紹介

三冬月と申します!

 

今回は、簡単に作れる家計簿について、お話していきます。

家計簿って面倒だし、作っても作らなくても変わらないという方もいらっしゃいますが、あなたはいかがでしょうか?

もちろん賛否のあるお話になると思いますが、私は「家計簿をつけて把握と改善が出来る」と思っています。

そしてノートなどでつけたり、パソコンなどで作るなど、いろいろな方法がありますが、私自身は「なんでもいい」「あなたが分かればそれでいい」というのが本音です。

 

今回は、そのうちの一つのやり方として紹介するものなので、今現在把握している人なら、そのままのやり方でいいと思います。

もし、まだ家計簿をつけていないよという方は、ぜひ今後のためにつけていただければと思います。

 

 

 

 

それでは今回のお話ですが、こちらの順番でお話していきます

1.家計簿をつける理由

家計簿をつける理由は

1.今の現状を把握すること

2.改善できることを考える

この2点になります。

 

改善というのは、「貯金」だけでなく「使い方・目的」だったりもするので、私はほとんどの人がつけていて損はないと思っています。

例えば旅行に行きたいために支出改善なら、現状を把握して改善をして貯蓄して、貯蓄したお金から旅行に行く・・・

どうしても欲しいものがあれば、改善して貯金して購入する・・・

そして現状が把握できているので、今のままならこういう予定というのが立てられますよね。

 

たまに、『2000円合わないんですけど、良い家計簿ってありませんか?』

という方がいらっしゃいますけれども、家計簿は誤差が少ないなら、基本的に問題ないです!

なぜかと言いますと、別に見せる家計簿ではないからですね。

そこに労力を使ってしまうと、ストレスと時間がかかってもったいないです・・・。

(経理の場合は話が変わってきますが、あなたのためだけの家計簿なので大丈夫ですよ)

 

完璧にする必要はなくて、ちょっとくらいは気を抜きましょう!

 

 

 

2.三冬月が使っている家計簿

三冬月が使っているのが「マネーフォワード」というアプリになります。

このアプリの優れているところは

1.銀行・クレジットと連携すると収支があったら家計簿に反映される

2.アプリなのでスマホに入れておけば簡単に入力できる

この2つです。

特に連携は非常にメリットになっていて、私自身は約1割程度しか手動で入力していません。

 

連携の仕方は、下のタブの「口座」を選んで、鎖みたいなマークを押します。

 

そうすると連携できるリストが出てくるので、順番に選んでいくか、検索して選びます。

そして、あなたの使っている口座の番号などを入力して、連携させて終了になります。

これだけで、連携したものはどんどん収支があった時に反映してくれるようになるので、あなた自身は連携したカードなどを使うだけでいいということになります。

ただ、使ってすぐに反映されるわけではないので(私は受信まで数日かかってます)焦らずに待ちましょう!

 

 

個人的なおすすめの使い方は「中項目」です。

大項目は変えることが出来ないのですが、中項目は増やすことが可能です。

なので、あなたの使いやすい名称で管理も出来るようになるので、より分けやすいということになります。

私が使っている中項目は「浪費」という項目です。

浪費が多すぎたら、来月から気をつけるようにしています。

 

 

 

3.最後に

今回は簡単に作れる家計簿についてお話していきました。

まだ何も家計簿を作っていない人であれば、最初の一つとして試しにやってみていただければと思います。

基本は無料ですが、プレミアムサービスを使う場合は有料になります。

連携数が無制限になったり、1年以上前の履歴が見えるなどが主なサービスですね。

私自身は1年前と比べることをしていないので、無料のまま使っています。

理由としては「支出計画を立てる」ことが基準で使っているからです。

細かく決めすぎても、無理が出てしまうので、ある程度この範囲で・・・ということを考えて決めていくと、1年以上前のデータより今のデータのほうが考えやすかったりするので、優良にはしていないという感じです。

もし有料も考えているという方は、何のためかを考えてから有料にしていただければと思います。

 

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

 

◆おすすめの過去記録◆

【節約】支出計画を考えることは重要です!

【節約】支出計画を考えることは重要です!

【知る】保険について見直しや加入前に考えましょう!

【知る】保険について見直しや加入前に考えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です