実は、節約する順番は重要です!

三冬月と申します!

 

「節約って何から始めたらいいの?」

「どういう順番で改善したらいいのかな?」

これから節約を始めたいと考えている人にとっては、こう考えてしまう人も多いと思います。

そこで今回は、三冬月が考える節約をする順番についてお話していきます。

1つに絞ったお話ではなく、大雑把に流れを感じていただければというのが今回のお話になります。

もし、節約の流れについて困っている方は、一度見ていただければと思います。

 

こちらのブログでは、「節約」や「お金」をテーマに、お話しています。

お話が良いと思っていただけましたら、ブックマークやコメント、人におすすめしていただけると嬉しいです!

Twitterも始めましたので、よろしければフォローもよろしくお願いいたします!


節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 

 

 

 

それでは今回のお話は、こちらの順番でお話していきます

1.節約する順番

早速ですが、三冬月が考える「節約の順番」はこういう流れになります。

 

①家計簿をつける

②固定費を見直す

③変動費を見直す

④収入を見直す

⑤資産投資をする

 

 

①家計簿をつける

収入と支出を把握するために家計簿をつけます

 

②固定費を見直す

水道光熱費や通信費、家賃などを見直します。

 

③変動費を見直す

食費や浪費、月々で変動するものを見直していきます。

 

④収入を見直す

入ってくるお金をなるべく増やすようにします。

 

⑤資産投資をする

余裕があるのであれば、資産投資を検討します。

 

 

状況によって前後したりしますが、このような流れが良いのではないかと思っています。

 

 

 

2.順番の理由

なぜこのような順番が良いのかについてお話していきます。

 

まず家計簿をつける理由は、収入と支出を把握する目的があります。

そして「どのくらい支出が減らせそうなのか」「支出計画を立てる」以外にも、「下げた金額を確認できる」という成果を確認することもできます。

成果が目で確認できると、自信にもつながるのでやりながらもありなんですけど、一番最初にする方が良いと思っています。

 

あなたは、固定費と変動費の順番を固定費⇒変動費の順番にしている理由をお分かりになりますか?

私が固定費を先にしている理由は、固定費の方が一度下げたときに持続しやすいということがあるからです。

例えば、保険料を15000円だったのを13000円になったとします。

この下がった2000円は、また元に戻りますか?

契約を変えたり、状況が変わらない限り維持されますよね!

だからこそ、先に固定費を考える方が、無理もないですし、維持しやすいのでお勧めになるわけですね。

 

支出の後に収入の見直しになっているのですが、その理由ってわかりますか?

私が後にしている理由は、収入の見直しは時間がかかることが多いことと、10000円収入を上げるのと10000円支出を下げる場合に手取り額が違うからです。

支出は10000円下げたら、あなたの懐に10000円入ったままになりますので、10000円が節約できたことになります。

それに比べ、収入は10000円上げたら、税金が引かれてから、あなたの懐に入ることになります。

そのため、ほとんどの人は支出を下げた方が効率が良いわけですね。

ただし、事業を始めて大幅に収入が変わるなどの場合は、この限りではないですね!

 

資産投資は余裕がある場合に検討しましょう!

その場合は、どのくらいの試算で運用したらいいのかなどを考えて、行うようにします。

貯金が無い方は、先に貯金をしてからがお勧めですね。

 

 

 

3.最後に

節約の順番についてお話いたしました。

もちろん、これが全てではなく、状況や緊急性などによっても変わってきます。

仕事を失ってしまったという場合に、家計簿を1か月間つけてから節約を始める余裕はないと思いますし、ある変動費が非常に高いのであれば、それを改善した方が長続きする場合もあるかもしれません。

臨機応変に対応しつつ、流れを頭の片隅に入れておくと、混乱はしにくくなるのかなと思います。

一つの参考にしていただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

 

◆おすすめの過去記録◆

【副収入】私がお勧めするアフィリエイト・ブログ

 

【要確認】収入・支出・資産の確認をしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です