第一回フリートーク【レペゼン地球から学ぶ株式会社】

三冬月と申します!

 

はじめてフリートークをしてみたいと思います。

あなたからのコメントや、私が話してみたい内容を基にフリートークをしていきます。

あまりに見てくれる人が少なかったりしましたら、この回で終了になるかもしれません。

いつも通りのお金や節約関係でも、それ以外でもぜひ何かありましたらコメントなどを頂ければお話ししたいと考えています。

 

このブログではランキングに参加しています。

応援いただけますと励みになりますので、一度ポチっとしていただけると嬉しいです!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 

 

 

今回のお話は、レペゼン地球というDJグループのことです。

ファンの方からしてみたら申し訳ないのですが、私が知ったのは6月になってからです。

Youtubeのおすすめに「解散の経緯について」という動画載っているのと、他の方が次々と発信をしていたので、初めて知ったという状態です。

 

Twitterで私がつぶやいたのが、こちらになります。

レペゼン地球を今回初めて知りました。

 

ファンの方から見ると、お怒りになるものだと思います。

 

ですが、株式を持つというのは、決定権を持ち、多くの株を持っている方が有利なんです。

 

もし知らなかったとしたら、今後のために知識を増やしていただければと思います。

 

株について、DJ社長さんは詳しくないという状態だと思うのですが、拝見させていただいた限りでは不利な状態になっていたのではないかと思います。

というのも資本金100万円をHさんが出して、筆頭株主になっている状態なので、Hさんの決定に逆らえないという状態なんですね。

これをさらに詳しく見ていきます。

 

例えば、三月株式会社というのを「三冬月」と「Aさん」が作ったとします。

その三月株式会社では100株を発行して、運営をしていました。

100株は三冬月が70株、Aさんが30株の内訳とします。

ここでAさんが「この会社のこの部分を変えたい」として議決をとる場合に、二人とも賛成になったら問題はないですが、三冬月が反対になったら反対になります。

多数決では確かに1対1なのですが、票数としては30対70なんです。

そのため、三冬月が反対と言ったら否決になることになるわけですね。

 

これをレペゼン地球に話を戻すとどうでしょうか?

そうなんです、決定権が無いんですよね。

だからDJ社長は不利になるというところになります。

もともと「成功すると思って乗ったのか」や、「最初は善意だったのか」などは私にはわかりません。

でも、会社の運営ということを考えると、ここまで不利な状況は作ってはいけないということになります。

そしてこれを私は伝えていきたかったので、Twitterでお話したということですね。

 

 

この株のお話は色々あります。

ライブドアの元社長である、堀江さんがニッポン放送に対して株式公開買い付けというのを行いました。

昔はフジテレビが子会社だったので、ニッポン放送の持ち株を上げることでフジテレビの方にも影響を与えることが出来るように行ったのではと思います。

あとは大塚家具の父と娘の争いも、決定権の争いになったというわけですね。

 

 

つまり良くも悪くも株の持っている割合は重要になるということです。

もしあなたが会社を始める、深くかかわることになるのであれば、重要なポイントになりますので、ぜひいろいろ考えていただければと思います。

 

 

今回はレペゼン地球から株式についてお話していきました。

今のところ、少しずつ続けていくつもりなので、お題や聞いてみたいことなどがありましたら、私でわかる範囲でお答えしていきたいと考えています。

 

また、三冬月に家計についてアドバイスをしてみてほしい方っていますでしょうか?

一般的なことしかできない可能性もありますが、ちょっと聞いてみたいという方がいましたらコメントを頂ければと思います。

メールなどのやりとりなどにさせていただくと思いますが、もし無料なら受けてみようというかたは是非よろしくお願いします。

 

それではまた次回にお会いできることを願って!

お相手は三冬月でした!

 

 

このブログではランキングに参加しています。

応援いただけますと励みになりますので、一度ポチっとしていただけると嬉しいです!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です