出来るだけ早く節約!【生き残るために節約を考える場合】

三冬月と申します!

 

一番最初の緊急事態宣言のときから1年が経過しました。

まだ感染が止まらず、収入が減ってしまったり、費用が増えてしまったりと、家計を圧迫している人は少なくないと思います。

「節約をしたい!」とは思っているけれども、どこから手を付けていいのかわからないからまだやっていないという方もいらっしゃると思います。

今回は、今まで節約していない人が、3か月程度を目安に改善を考えた場合のお話をしていきます。

いつもは長期目線でお話していくのですが、今回は短期目線でのお話になりますので、ちょっと毛色が違う部分になりますのでご了承いただけると嬉しく思います。

 

こちらのブログでは、「節約」や「お金」をテーマに、お話しています。

お話が良いと思っていただけましたら、ブックマークやコメント、人におすすめしていただけると嬉しいです!

このブログではランキングに参加しています。

応援いただけますと励みになりますので、一度ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 

 

 

 

 

それでは今回のお話は、こちらの順番でお話していきます

1.目的をはっきりさせる

あなたが節約をしたい理由は何でしょうか?

「やりたいこと」や「重視していること」、それ以外にも「守りたいこと」などがあります。

収入が減っている方にとっては「守りたいこと」に当たるのではないでしょうか。

「家族を守りたい」「生活を守りたい」こういったことだと思います。

 

あなたや家族を守れるのは「運」ではなく「あなた」です!

そのために行動を起こしていきましょう!

 

私も最初から収支について出来ていたわけではありません。

支出が多く、おかしいと思ってから節約をしていますので、よくわからない状態というのは、多少なりとも理解しています。

これからお話しする中で「やったことが無かった」と思うことがありましたら、ぜひ行動したり改善したりしていただければと思います。

 

 

 

2.改善内容

通常であれば消費の後に浪費を改善するのですが、余裕がない場合は両方やっていくしかありません。

収入の面は「実力」以外にも「運」の要素がありますが、支出の面でも「運」要素は存在しています。

ただそれは「使っていて壊れてしまった」「災害にあった」などの場合になるので、普段の収支で支出が多い場合には運ではないということになります。

ぜひ今回から改善していただければと思います。

 

まずは固定費です。

要素としては、

・住宅

・車

・通信費

・電気代

・保険料

この5つが当てはまると思います。

 

住宅は持ち家か賃貸かで変わります。

持ち家でローンを払っている方であれば、銀行などに状態をお伝えして改善できないかを相談しましょう。

もしかしたら、返済月を増やして月々の金額を下げてくれる可能性があります。

ただし、この場合は支払いの合計額が増えることを意味していますので、とりあえずの先送りの状態ということを理解していただく必要があります。

家賃では、あまりにも高いのであれば、引っ越しなどの検討が必要だと思います。

あとは大家さんへ直接交渉する方法もあります。

もちろん「必ず応じてくれるわけではないこと」「根拠が必要になる場合もあること」「大家さんを敬うこと」が必要です。

大家さん自身も収支が圧迫している可能性もあるので、応じられない可能性もちゃんと考慮しないといけませんね。

 

 

車はシェアが出来るのか、交通面で車が無くなっても大丈夫かどうかを確認していく必要があります。

車自身の購入もありますが、ガソリン代や税金などがどうしてもかかってしまいますので、改善できるかどうか確認しましょう!

 

 

通信費は主にスマホなどの契約ですね。

最近ではahamoなどの安いプランが出てきていますし、外でそれほど使わない場合ではnuroモバイルなどの1000円以下のプランもあります。

まだ使い放題などの古いプランなら、一度検討した方が良いでしょう!

 

 

電気代は契約内容ですね。

例えば、大手電力会社に契約をしている方なら、変えてしまった方が安くなる場合があります。

もちろん、変えて高くなる場合もありますので、現在の契約内容とこれから入る契約内容を確認して変える必要があります。

 

 

保険料は、今現在の契約に要らないもの・多すぎるものが無いか確認ですね。

例えば医療保険に加入しているのであれば、1か月の上限額(高額療養費制度)を知っていたうえで加入しているかどうか、

生命保険に加入しているのであれば、年金(遺族年金)を考慮したうえで適切な内容で加入しているのかどうかを確認します。

多すぎるのであれば、減らした方が支払額は安くなります。

一度ぜひ確認してみてください!

 

 

 

続いて、浪費になります。

一例にはなりますが、こういうものがあります。

・お得と思ってまとめて購入して支払を増やしている

・不必要なものを購入してしまう

・セールやお買い得品に惑わされている

・ポイントを貯めたままにしている

 

例えば、3着一緒に購入すると割引しますということや、2つまとめておかずを購入すると割引になりますというものってありますよね。

使うのであれば問題はないのですが、購入したけれども使わなかったというものってありませんか?

つまり割引に踊らされて、支出が増えているだけという状態になっているんですね。

 

あと必要以上にポイントを「ありがたがる」ようになっていませんか?

ポイントは確かに節約に重要な要因だと思います。

では、ちょっと質問になりますが、「10000ポイント」と「10000円」ではどっちがいいですか?

 

そうです、10000円です!

現金の方が使いやすいですし、この現金からポイントが出てくることもあります。

対してポイントからポイントを生むことはほとんどありません。

つまり、10000円の方が良いわけですね!

あくまでも私の意見にはなりますが、1つの参考意見にしていただければと思います。

 

なお、私の場合は端数を切ったり、ポイントが付かない部分を切ったり、多くなった場合には一気に使ったりとしています。

 

 

 

3.最後に

今回は支出を抑える方法についてお話していきました。

固定費が抑えられると、長続きするので基本的には固定費から変動費の順番なんですが、ぎりぎりまで追い込まれている人は全てにおいて節約を目指していきましょう!

 

おそらく今回のお話だけでも1~2か月でどのくらい支出が減らすことが出来るかの目安がつくと思います。

あとお金を使う優先順位は本当に必要です。

優先順位もなく「あれ」も「これ」もとなると、貯まることもありませんし、幸福度も上がりません。

よく聞く「宝くじに当たって破産する人」と近いですね。

宝くじで当たった人が破産する場合は、支出を上げすぎてその後抑えられない人なんですが、優先順位も考えず抑えられない人ということですから、それに近い感じですよね。

 

ぜひ今回のお話が役に立っていただけたら嬉しく思います!

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

 

◆おすすめの過去記録◆

実は、節約する順番は重要です!

 

実は、節約する目的を意識するのは重要なことなんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です