さあ、投資しよう!【投資方法を考えましょう】

三冬月と申します!

 

前回は、投資はちゃんとやれば怖くないということをテーマにお話ししました。

これを見て「じゃあ投資を…」と思った方もいらっしゃると思います。

でも、「どういうものに投資すればいいの?」ということになりますよね。

今回から投資歴5年以上の三冬月が、過去にやっていた投資や、現在の投資方法、考え方などをお話していきます。

現時点で私が考えている内容になりますので、今までやったことが無い人でしたら、一つの参考になると本気で思っています。

これから投資を始めたい方は、ぜひ遅いと思わずに最後まで見ていただきたいと思います。

 

投資をする前に1点だけ、「考えていただかないといけないこと」があります。

それは「投資を行うときは自己責任」ということです!

これは私も含めですが、投資で失敗しても誰も責任を取ってくれません。

だからこそ、あなたが全ての責任を負うことになりますので、いろいろ考えて投資をしていただきますようお願いいたします。

 

こちらのブログでは、「節約」や「お金」をテーマに、お話しています。

お話が良いと思っていただけましたら、ブックマークやコメント、人におすすめしていただけると嬉しいです!

このブログではランキングに参加しています。

応援いただけますと励みになりますので、一度ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 

 

 

 

さて、投資についての方法を考えていきます。

「お金を増やすこと」という最終目標は変わらないのですが、手段を考えるということですね。

そして投資の方法としては、短期目線や中期目線の「投機」と、長期目線の「投資」のどちらかになります。

投機というのは、購入した金額より高く売ることを目的としたものになります。

例えば、1000円で購入したものを1100円で売却するというイメージです。

それに対して投資というのは、配当金や株主優待、数年後や数十年後の価値の上昇を目指すイメージです。

 

 

では「投機」と「投資」はどうなのかについて、お話していきます。

なお、三冬月は過去「投機」手法をしていて、今は「投資」手法に変えていますので、どちらのお話もしていきますが、私の主観が入る部分もありますので、ご承知いただけますようにお願いいたします。

 

「投機」の良いところも悪いところも、短期的に結果が出ることにあります。

やり方としては、チャートと呼ばれる一定期間でどういう推移をしているのかを見て、金額が上がりそうだと思ったら購入する方法と、株式の場合ならその会社の価値や売上などが上がりそうだったら購入する方法になります。

 

それに対して「投資」は、長期的に考える必要があります。

そのため、1日1日の価値などは考えずに、新たな情報が出てきたときに冷静に考える必要があるということです。

例えば、購入していた株の会社から売り上げや利益などを見た時に、考えていたよりもどうなのかによって、買い増しをしたり、売却したりということを考えないといけないということですね。

 

 

この2つのどちらかを考えていくわけですが、私がおすすめをするとしたら「投資」になります!

短期的に一気に価値が上がることはほとんどないので、じれったく見えてしまったり、うまくいってないように思ってしまう可能性もあります。

ただ5年以上投資を行っている私がお話をさせていただくなら、「投機」については、相性があると思っています。

残念ながら私は相性が悪く、数年間で数十万円の損失を出してしまいました。

ただ、これがあったからこそ、私自身は「長期的投資」があっているということに気づくことが出来たので、後悔はしていません。

この経験があることと、短期的な「投機」では会社の状態や投資している価値以外で価格が変わっているの要素のほうが強く、ギャンブル的な要素も強くなるため、私は「投資」のほうがおすすめになります!

 

 

ここからは、長期的投資についてお話していきます。

もし「投機」を考えている方なら、ここから先は今回の内容にありませんので、他の内容や投機について書かれている方のページを参照いただければと思います。

 

長期的な投資の場合、「配当金」などの受取を重視した投資をするのか、「価値」が上がることを重視した投資にするのかを考える必要があります。

「どっちも」と思う方もいらっしゃると思いますが、ここは「二兎を追うものは一兎も得ず」と思って優先順位をつけた方が良いと思います。

 

配当金については、次回私がやっている配当金投資についてお話ししますので、今回は「価値が上がる」ということについて考えていきたいと思います。

 

突然ですが、アメリカの会社って色々あると思いますが、アメリカの大手会社の価値って今後上がると思いますか?下がると思いますか?

もちろん正確にはわかりませんけれども、現在の技術的なところや、今までの実績から見ると「上がりそう」って思いませんか?

もし、アメリカの会社の価値が上がりそうと思ったら、こういうところに投資をしていくわけですね。

 

例えば、ここに2つの指数があります。

 

 

1つはアメリカで、1つは日本の指数なんですが、お分かりになりますか?

答えは、背景が薄いオレンジがアメリカ、薄い青が日本です。

(アメリカはS&P500、日本は日経平均株価)

これは10年分しか出力出来なかったものなんですが、アメリカのこの指数は切り取り方によっては下がったりがありますが、長期で見れば右肩上がりに推移しています。

それに対して日本は、最高値38915円を記録してから下がっていき、10000円を切ってそのあとから切り返して、20000円台後半になっているのが現在の推移になります。

 

色々な情報を基に投資をするわけですが、こういった「アメリカ」「日本」「全世界」など、こういうように投資が可能な「投資信託」というのもあります。

もし漠然と考えるのであれば、指数に連動した投資信託がおすすめです。

指数に連動した投資信託は「インデックス型」と呼ばれる投資信託で、コストが安く設定されていることや、指数に連動するように分散投資がされているので、初心者から上級者まで投資しています。

このインデックス型を毎月決まった金額で投資することで、さらに時間も分散するのが一つの投資手法だと思っています。

こちらを一つの選択肢として、他の手法と比べて考えていただければと思います。

 

 

今回は、どういうものに投資すればいいのかについてお話していきました。

私個人としては「どういったものが上がりそうか」を考えて、その内容にあった「投資信託」で運用するのが良いと思います。

次回は私が行っている「高配当投資」についてお話いたしますので、もし興味のある方は、次回も見ていただければと思います。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

大切なのは「知識」と「考察」と「行動力」です!

焦らず良い節約を目指して共に頑張っていきましょう!!

お相手は三冬月でした。

 

◆おすすめの過去記録◆

【2021年度版】三冬月のおすすめ証券会社

 

小額投資は意味がない!?【三冬月が小額投資を推す2つの理由】

 

初めて投資する人へ「知ってほしい3つのこと」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です