【投資初心者】投資信託ってなに?

以前に少額から始めた方が良いって聞いたけど、

そんな少額から「資産投資」って出来るものなの?

実は投資信託なら100円から資産投資が出来るんだよね。

だから最初に大きいお金をかけなくても「資産運用を試すことが出来るよ」!

そんなわけで今回は、「投資信託」についてお話していきます!

資産への投資はやってみたいけど、大きいお金を入れて失ってしまったら・・・

と怖くなってしまうお気持ちもわかります。

 

三冬月は月々5000円を最初積み立てていました!

やっぱりやってみてから、いろいろ気づいたり、知ることが出来たり・・・

そういったことって多く出てきます。

 

もし「投資をやってみたいけど、不安もあるよね」というかたは、意見の一つとして、ぜひ最後まで見ていただいてから決めていただければと思います!

 

 

 

今回のお話は、こちらの順番でお話していきます

1.投資信託ってどういうもの?

 

投資信託は多くの人から資金を集めて、専門家が運用する商品です。

 

投資信託も2000以上の数があって、

1つ1つの投資信託によって扱っているもの、運用方法が変わってきます。

 

扱っているものとしては、「株式」「債権」「金」「不動産」、

最近ではアメリカでビットコイン(仮想通貨)の投資信託まで出てきましたね。

 

運用方法は、後日に簡単にお話しするのですが、

指数に連動した「インデックス運用」

指数以上の運用を目指す「アクティブ運用」などがあります。

 

「扱っているもの」「運用方法」を確認して専門家に運用してもらうようにお金を出すのが、投資信託への投資になります!

 

 

 

2.投資信託の良いところ

 

私が考える、投資信託の良いところは、

①詳しく知らなくても投資をすることが出来る

②分散投資に優れている

③手間がかからない

こういったことになります。

順番にお話していきますね。

 

①詳しく知らなくても投資をすることが出来るは、

株式投資、不動産投資が詳しくなかったとしても、

「扱っているもの」「運用方法」に納得がいってお金を預けることで、

専門家が運用ルールに則って運用してくれる点です。

 

 

②分散投資に優れているというのは、債券や株式、不動産などになります。

例えばあなたが投資信託を使わないという場合、

1つ1つの個別の銘柄や、建物を購入していくことになります。

 

つまり、いくつかに分散したいという場合には、

どんどん購入するものが増えていってしまうことになりますよね。

 

でも投資信託はいろんな人から資産を出してもらって運用しているので、

色々なものを購入して、リスクの分散もしていることが多いです!

 

だからこそ、投資信託は「少額」で「分散投資に優れている」と言えるわけですね!

 

 

③手間がかからないというのは、時間的なところを意味しています。

個別で株式を購入したり、不動産で家賃収入を考えている場合には、

どうしても運用していくうえで手間がかかります。

 

もちろん投資信託で手間が全くかからないと言ったら嘘になります。

でも投資信託の1つの運用状態を調べることから始めるので、

1つ1つの状態を見ていくってことはないわけですね。

 

つまり、投資信託は少額でも高額でも1つの選択肢に入るというわけですね!

 

 

 

3.投資信託で気をつけるべき点

 

私が考える、気をつけないといけないことは2つあります。

①手数料が高いものは気をつける

②全く知らないと何が良かったのか悪かったのか検証できない

順番にお話していきます!

 

 

まずは「手数料が高いものは気をつける」ということです。

投資信託には、主だった手数料が3つあります。

①購入時手数料

②信託報酬

③信託財産留保額

 

初心者の方は「なにそれ?聞きなれない言葉が出てきた!?」

って思いますので、簡単に言ってしまうとこんな感じになります。

 

①購入時手数料:購入時にかかる手数料

②信託報酬:保有しているときの管理・運用費用

③信託財産留保額:換金時(売却時)の手数料

 

こっちの方がわかりやすいと思います!

さてこういったものをコストって言ったりするんですけど、

よく勘違いされる内容は

「手数料が高いほうがパフォーマンスが良いからじゃないの?」

っていうものです。

 

それが間違いということを実は証明できたりしますので、

ちょっと長くなりますが、お話していきます!

 

 

投資信託を2つ持ってきました。

2つの信託報酬は、Aという投資信託は0.88%に対して、Bという投資信託は0.154%となっていますので、差は0.726%となっています。

 

仮にこの2つの投資信託に、2020年3月25日に100万円を投資したとして、

2021年3月23日にどうなったかと言いますと・・・

 

はい、Bのほうが高くなりました!

「運用で負けたのかな?」って思うかもしれませんが、

この2つ「日経平均株価に連動するように運用する方針」のため、

運用上、大きな違いがありません。

 

でも信託報酬などには違いがあるわけですね。

だからこそ、

「どういう商品なのか」

「手数料が高くないか」

を判断しなくてはいけないわけですね!

 

 

 

4.銀行と証券会社どちらがいいの?

 

まず結論をお話ししますと、

「ネットの証券会社のほうがいい」

というのが、今の私の意見です。

 

銀行や証券会社の窓口を使うメリット、

ネットの証券会社を使うメリットは、2つになると思います。

 

窓口:相談が出来ること

ネット:手数料が安いこと

 

窓口だと対面になります。

だからこそ、相談が出来るというのがメリットになってきます。

 

だれかと話して決めるというのは、安心感がありますよね。

 

一方、ネットでは対面がありません。

その分、手数料に違いが出てきます。

 

基本的には、買う時の手数料が異なるのですが、

窓口だと主に1~3%程度かかるものが多いですが、

ネットだと0%というものも多くあります。

 

投資に将来大きくお金がかけて行く予定の方は、

この数パーセントが効いてくるというところになります。

 

相談したいという気持ちもわかるのですが、

結局は「自己責任」ですし、

場合によっては「銀行や証券会社」の都合のいいものをつかんでしまう可能性もあります。

 

だからこそ、私はネットの証券会社で始めるのが良いと思っています。

もちろんいろいろな意見があると思いますが、1つの参考にしていただければと思います!

【2021年度版】三冬月のおすすめ証券会社

 

 

 

5.最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「投資信託」についてお話いたしました!

 

もし私が誰かに投資のお話を聞かれたら、

まず間違いなく「投資信託」で「小額から」初めて見ることをお勧めします。

 

次回では

「私が投資信託をはじめたきっかけと失敗」

「知識が出来た今の三冬月なら、この3つから選びます」

の2本立てでお送りします(笑)

 

もし興味がありましたら、ぜひ次回も見ていただけると嬉しいです!

 

最後まで見ていただきまして、ありがとうございます。

ご質問や節約・投資のお話で何かございましたら、お気軽にTwitterや、下のコメントからメッセージを頂けますと嬉しいです!

知識を得て、考察して、そして行動して、今日よりも良い一歩を踏み出していきましょう!

お相手は、三冬月でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です