【投資初心者】少額から始めてみよう!

少額から始めようと思うんですけど、

どんなものを選んだらいいかわからないです。

投資歴10年の三冬月が「今、始めるなら選ぶもの」を話すけど、

投資は自己責任だから、投資するときは自分で判断してね!

そんなわけで今回は、

「今、三冬月が投資信託を始めるなら、こんな銘柄を選ぶ」

ということをお話していきます。

 

ただ、先に注意事項です。

今回については具体的な商品名も含めてお話しています。

 

ただ投資は「自己責任」です。

私も含め、だれも責任は負いません。

そのため、投資されるときにはご自身の判断で行っていただきますようお願いします。

 

無責任って言われる人もいらっしゃるかもしれません。

でも未来のことなんて、誰一人わからないんですね。

だからこそ、投資をするときにはリスクを承知で行う必要があるということです!

 

そして投資信託の数は2000を超えています。

これを一人で考えるのは難しいと思います。

 

そのための一つの考え方として今回はお話しますので、

興味のある方はぜひ最後まで見ていただいてから、

考えていただけたらと思います!

 

 

 

今回のお話は、こちらの順番でお話していきます

1.三冬月の始め方はどうだったの?

 

それでは最初に、三冬月の始め方と失敗についてお話します。

私が投資を始めたきっかけというのは、実はよく覚えていません。

急に投資をしようと思って、銀行に行って投資信託の話を聞いて、

投資信託の契約と、月々5000円の積み立てを開始しました。

 

今考えると「よく知識もなく始めたよね」って思ってしまいます(笑)

まぁ月5000円から始めたので、

気軽に始めたのは大きかったんじゃないかなって思います。

 

こんな形でスタートはしたんですけど、

そうするといろいろ調べていくようになるんですね。

 

だからこそ

投資信託⇒株式投資

という流れを作ったわけなんですが、

この流れを作ったのが、「手数料が高かったこと」なんですね・・・。

 

私が行っていた投資信託の手数料は、

購入時手数料が1.7%、信託報酬が0.759%となっていたんですね。

これを高いと感じて、株式投資へ変更しました。

 

今だったら、投資信託でも手数料が安くなっているものもあるって知っていますが、

その時は、無知でしたので株式投資に移ったという感じですね。

 

そして株式「投資」というより、株式「投機」になって、失敗しました(笑)

今では高配当投資で投資を頑張っているという流れですね。

(急に端折りすぎですが、長くなるのでカットしました)

 

ただ私は、投資信託をやったこと自体を悔んだりはしていませんよ。

ちゃんと経験になっていますし、失敗から得られたこともあるので、

良かったと思っています!

 

 

 

2.今の三冬月ならこの3つを選びます

 

今の三冬月なら「こういったもので始める」ということをお話します。

ここからは、具体的な銘柄もお話しますが、推奨をしているわけではありません。

もし購入される場合には、自己責任でお願いいたします。

 

なお今回はSBI証券で選べる銘柄から選択しておりますので、

違う場所で購入される場合は手数料が異なる場合があります。

 

 

まず結論からお話します!

1.三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

2.三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

3.SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

この3つの投資信託から選んで始めます!

 

そしてこの3つを選んだ理由というのは2つあります。

①手数料が安めに設定されていること

②指数に連動した投資信託ということ

順番にお話していきます。

 

まず1つ目の理由は、手数料が安めに設定されていることです。

買う時の費用が無くて、管理・運用費用が0.154%、0.0938%と抑えられているんですね。

 

つまり100万円を投資に回したら、

1年間での管理・運用費用が938円~1540円くらい、というイメージです。

 

もちろんこんな単純な計算ではないのですが、

管理・運用費用は価値が上がろうが、下がろうがかかる費用なんですね。

 

だからこそ、高いと感じる投資信託は、

出来るだけ選ばないようにしないといけないということですね。

 

 

2つ目の理由は、指数に連動した投資信託ということです。

これをインデックス投資って言われたりするんですけど、

いきなり言われると、「指数?」「インデックス?」ってわからないですよね。

 

ちょっと話は変わりますけど、

ニュースとかで「日経平均株価」って聞いたことないですか?

 

「今日の日経平均株価は、いくらで、

前日よりいくら上がりました、下がりました」

って言っている、あれです。

 

日経平均株価はちょっと複雑なので、ざっくり言ってしまうと、

「日本の株式会社255社で出来ている数字」

って思っていただければわかりやすいと思います!

 

先ほど「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」

の銘柄をお話しましたけど、

これに投資をした場合は、

255社へ投資をしているっていうのと同じなんですね。

 

私がインデックス投資を選んだ理由は、

運用方法がわかりやすいこと、

手数料が安めに設定されているものがある

こういった理由から、指数に連動した投資信託から始めるのがいいと思っています。

 

 

3つの大きな違いとしては、指数の違いになります!

1.三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

⇒日本の会社255社で出来ている数字

2.三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

⇒東証一部という、大きい会社2000社くらいで出来ている数字

3.SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

⇒アメリカの大きい会社500社で出来ている数字

 

1つ1つ詳しく見ていくと、違いがあるのですが、

私から見たときに有利不利をいうのであれば、こんな感じになります。

 

日経平均株価

⇒ファーストリテイリングやソフトバンクなどの大手企業が、

株価をけん引しているため、その株が大きく上下すると引っ張られる

TOPIX(東証一部指数)

⇒1つの株で大きく上下が出ることが少なくなる半面、

 過去日経平均に比べると指数が弱くなることが多め

S&P500

⇒右肩上がりで伸びていることが多い指数

 アメリカの指数のため、為替リスク(円ドル)の影響も受けるので、注意が必要

 

もし投資をする場合には、いろいろ考えたうえで投資いただきますようお願いします!

 

 

 

3.最後に三冬月も

いかがでしたでしょうか?

今回は少額から始めてみよう!という内容でお話いたしました!

 

最後に、私が何もしないで、ただただ伝えているだけでは

結局、株式投資をしている人が、

投資信託を話しているだけだよね~

ってなりますので、

私自身も投資信託を始めてみました(笑)

 

私が投資を始めたのが、

SBI-SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド

というものを始めました。

 

アメリカの高配当株式の投資信託で、

7月14日に一万円を入れ始めた状態になります。

購入時手数料はなく、信託報酬が0.1238%です。

 

 

私の投資方法は、配当を基準としているので、

こちらの銘柄にさせていただきました。

 

来年7月までにどれだけ伸びるのかとか、

どのくらい配当が入ってくるのかを、実験も含めて購入してみました。

 

投資信託は100円から投資できるというところが魅力です。

少しの投資金額から始めてみたいという人には、もってこいなんですね。

例えば昼食のグレードを1か月間ちょっとだけ下げて、

1000円用意して試してみるということもできるわけですね。

 

そして、その1000円を失ったとしても、

大きく動揺する人もほとんどいないと思いますし、

経験できる一つの方法になりますよね。

 

もし興味がある方は、少額から始めてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで見ていただきまして、ありがとうございます。

ご質問や節約・投資のお話で何かございましたら、お気軽にTwitterや、下のコメントからメッセージを頂けますと嬉しいです!

知識を得て、考察して、そして行動して、今日よりも良い一歩を踏み出していきましょう!

お相手は、三冬月でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です